腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

600万円台中盤になった、ノーチラス 5711/1A-010

「腕時計の王様」といえば、20年近く前からロレックスデイトナという印象がありますが、この数年においてノーチラスがそれを脅かす存在感となっています。

そんなノーチラスの中でも、2006年に登場した現行3針モデル5711/1Aは、ステンレスのデイトナと同じようなキャラクターとなっており、2017年から特に高値な様子です。

こういった人気モデルは、文字盤の色によって大きく相場が異なる傾向がありますが、ノーチラスの場合は、青文字盤の人気が高く、白文字盤に対して150万円程度の価格差となっていたのです。

しかし、2019年2月、現行ノーチラスの白文字盤が大きく値動き。青文字盤は、2018年5月頃から値動きが停滞気味となっていた一方で、白文字盤が値動きしたため、両者の価格差は18万円ほどとなったのです。

では、2019年3月現在でも、そのような様子が続いているのかというと、そうではありません。

青文字盤は現在640万円台となっており、ずいぶん目立った値動きとなったのです。

これは、先に高くなった白文字盤に対して、青文字盤の力を見せつけたというような値動きだと感じます。

パテックフィリップノーチラス5711/1A-010の価格比較

時計名 状態 2018年5月の安値(楽天) 期間 2019年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
ノーチラス
5711/1A-010
中古 ¥5,829,840 0年 ¥6,480,000 650,160 111.15%
600万円台中盤になった、ノーチラス…の次ページを見る>>
1 2
- PR -