腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

700万円台になった、ノーチラス5711/1A-010

今年、2019年の3月に600万円台となったノーチラス5711/1A青文字盤。

この時計の定価は約330万円という水準ですが、2017年からは中古でも定価を上回っている状況です。

相場が定価を上回るという現象は、20年近く前から起こっていることですが、ノーチラス以前と以後とではそのプレミアムの単位が違うと感じます。

90年代後半において、4桁リファレンスのデイトナミルガウスがそうだったように、定価に対して、中古相場が100万円以上も高いということはこれまでもありました。

ただ、そういった腕時計のほとんどは、既に生産終了となっているものであり、現行品のプレミアムはそれらより低いというのが基本だったのです。

もちろん、デイトナ16520については、現行品だった90年代後半当時、65万円(税別)という定価に対して、中古は100万円程度となっていたため、ずいぶんなプレミアムとなっていました。

ただ、その売値はあくまで100万円前後という水準であり、定価に対するプレミアムも100万円以上ではありません。

SSデイトナの現行品は、90年代後半から、同世代の現行“プレミア価格”モデルと比較して、例外的といえるほどのプレミアムが付いていましたが、それでも相場100万円前後、プレミアム100万円以内という範疇に収まっていたのです。

もちろん、その時代にも、SSデイトナより高価な人気モデルは存在していましたが、例えば、300万円ぐらいという定価になると、それより高いプレミアムが付くことはなかったといえます。

そのような様子は、90年代後半から2017年頃まで長らく続いていたのです。

しかし、それを打ち破った存在こそ、このノーチラス5711/1Aであり、2017年から約330万円という定価を上回る中古相場となったのです。

その後も値上がり傾向はとどまるとがなく、2017年末には400万円台後半、2018年には500万円台となったのです。

そして2019年の3月にその相場はついに600万円台中盤にまで到達。

そう思ったのもつかの間、それから2ヶ月後の今、なんと5711/1A青文字盤は700万円台となっているのです。

パテックフィリップノーチラス5711/1A-010の価格比較

時計名 状態 2019年3月の安値(楽天) 期間 2019年5月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
ノーチラス
5711/1A-010
中古 ¥6,480,000 0年 ¥7,080,000 600,000 109.26%
700万円台になった、ノーチラス57…の次ページを見る>>
1 2
- PR -