腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

カラーベゼルの値動きに負けていない、デイトナ116500LN白文字盤

ステンレスのデイトナの現行モデルといえば、長らく「腕時計の王様」という存在感がありますが、現在では、デイトナ以外でも、驚異的な値動きをするモデルが多々ある状況です。

他のブランドを例にすると、王様という存在感が曖昧となるため、割愛させていただきますが、ロレックスに限定したとしても、116710BLNR116610LVの最近の値動きは、116500LN脅かすのではと思うほど派手とも感じます。

それらカラーベゼルの2本は、2年程前までは100万円以下という価格帯に位置。当時は、それでも割高だと感じたのですが、なんと今では170万円台という水準に変化しているのです。

ちなみに、116500LN白文字盤は、2017年4月時点で約195万円という中古ボトム価格。

これまでの常識では、新モデルは“デビューしたての時期が最も高い”ため、カラーベゼルが170万円台となった今、116500LNはそれらとの価格差が少なくなっていても不思議ではありません。

しかし、116500LNはそんなに弱い時計ではありません

以前の記事でもお伝えしているように、このデイトナは、デビューした2016年の『定価より高い新品実勢価格』が最も安く、デビューしてから時間が経過するにつれ上昇している傾向があるのです。

そして、そういった傾向は、2019年現在でもとどまることがなく、なんと2018年12月から半年という期間でも、約38万円の値上がりとなっている様子。

BLNRや緑サブなど6桁世代のカラーベゼルモデルが「派手な値動き」といっても、それと同じぐらい、この116500LNの白文字盤は変動しているのです。

ロレックスデイトナ白文字盤116500LNの価格比較

時計名 状態 2018年12月の安値(楽天) 期間 2019年6月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
デイトナ
白文字盤
116500LN
中古 ¥2,484,000 0年 ¥2,866,470 382,470 115.40%
カラーベゼルの値動きに負けていない、…の次ページを見る>>
1 2
- PR -