腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

バケットダイヤの特別さ、ルミノールベースPAM00030

パネライにはいくつかの世代がありますが、リシュモン入りから2005年頃までの時代では、ラジオミールが高級ラインといった役割を担っていました。

その時代といえば、パネライが世界的大ブームとなった時期がかぶるわけで、まさにパネライの黄金期ともいえる世代だと感じます。

そして、その頃には、ルミノールにも高級モデルが一部用意されていたのですが、それらはいずれも「ちょっと高い」のではなく「ずいぶん高い」といった価格帯に位置していたのです。

それこそがこのダイヤモンド文字盤なのですが、1998年に登場したPAM00030バーインデックスがバケットダイヤとなっているモデルです。

同時期に、他にもダイヤモンド仕様のルミノールがいくつか作られたのですが、それらはリューズガード部分だけがダイヤモンドという32番、ベゼルとケースの間だけがダイヤという33番など、いずれも癖の強いモデルだといえます。

そのようなキャラクターとレア感から、「ダイヤ」という要素はパネライにおいてかなり評価される傾向があるわけです。

30番は、PAM00002のダイヤ文字盤モデルといったところですが、その相場差は随分凄い様子。他のブランドであれば、ダイヤ文字盤と通常文字盤の価格差はせいぜい数十万円といったところですが、パネライの場合は150万円程度の差に及ぶのです。

さて、そんなPAM00030という存在ですが、現在相場はどういった様子かというと188万円といった水準。これは、2017年8月水準と比較して10万円ほどの値下がり状態なのですが、それだけでなくPAM00130との価格序列も逆転しているのです。

130番は2002年に登場したダイヤ文字盤ですが、30番との違いはバーインデックス部分です。30番はバケットですが、130番は3・6・9同様のドットとなっています。

そのため、これまでの事例ではバケットの30番のほうが130番よりも高かったわけですが、30番の1998年登場という“古さ”も人気要素といえるでしょう。

実際、今年3月時点では30番より130番のほうが安かったのですが、この数ヶ月でなぜか様子が変わってしまったようなのです。

オフィチーネパネライルミノールベースPAM00030の価格比較

時計名 状態 2017年8月の安値 期間 2020年7月の安値 変動した額 残存価額
オフィチーネパネライ
ルミノールベース
PAM00030
中古 ¥1,989,000 2年 ¥1,880,000 -109,000 94.52%
バケットダイヤの特別さ、ルミノールベ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -