腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

4ヶ月で約47万円の上昇、ロイヤルオーク15300ST.OO.1220ST.01

ここのところ、パテックフィリップノーチラスがあまり値動きしない傾向がありますが、その横で活発な動きを見せているのがオーデマピゲロイヤルオークであります。

ロイヤルオークといえば、元祖雲上スポーツであるわけで、ノーチラスの先輩にあたる存在。そうでありながら、これまでは人気度、値動きといった指数においてノーチラスに敵わなかったわけですから、現在の動きは逆襲ともいえるでしょう。

しかも動いているのは「このモデルだけ」というわけではなく、複数のモデルが上昇している様子があります。

分かりやすくいうならば、「3針であればだいたい値上がりしている」とすら言えてしまう状態であり、世代を問わず全体的に高くなっている傾向があります。

今回お伝えするのは2005年にデビューした15300STですが、このモデル、なんと8月水準と比べて約47万円という値上がり状態。

つまり、『4ヶ月で約47万円の上昇』となるわけで、なかなか派手な値動きをしているといえるでしょう。

AUDEMARS PIGUET オーデマピゲ ロイヤルオーク 15300ST.OO.1220ST.01 中古 376222

オーデマピゲロイヤルオーク15300ST.OO.1220ST.01の価格比較

時計名 状態 2020年8月の安値 期間 2020年12月の安値 変動した額 残存価額
オーデマピゲ
ロイヤルオーク
15300ST.OO.1220ST.01
中古 ¥2,499,000 0年 ¥2,970,000 471,000 118.85%
4ヶ月で約47万円の上昇、ロイヤルオ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -