腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

穴場的なK18腕時計、オーバーシーズ42042/423J

オーバーシーズという腕時計は、現在ではノーチラスロイヤルオークのライバルという印象ですが、1996年にデビューした初代の時期は「アクアノートのライバル」というイメージだったといえます。

その大きな理由こそ、登場した時代が90年代後半という点なのですが、2000年前後という時代において、オーバーシーズアクアノートは「出たばかりの新しいシリーズ」だったわけです。

そして、それら2つのモデルに共通するのは、基本がステンレスでコンビがないという点。また、オールK18のYGモデルがあったものの、「高価かつあまり売られていることを見かけない」という印象で、ほぼステンレスだけのモデルというイメージでした。

ちなみに、これらに遅れて2001年に登場したピアジェアップストリームも同じような構成となっており、SSとYGというラインナップ。

このような”ほぼステンレス”というモデルの場合、YGはレアとなるわけですが、その「レア」が意味するのは、「希少価値が高い」というよりも、「単に数が少ないだけ」ということがあります。

実際、2000年代前半という時代において、これらシリーズのYGモデルはいずれも「単に数が少ない」というイメージだったといえます。

けれども、近年ではその一部に例外が生じているのです。

それこそがアクアノートのYGモデルなのですが、これは「例外」というよりも、これらの中で「唯一評価されている」といったほうが正しいかもしれません。

めったに出回らないブレスレットのYGモデル、5065/1Jとなるとその評価は凄まじく、ノーチラスを上回るぐらいだといえるでしょう。

しかしながら、オーバーシーズのYGに関しては、全くもってそういった評価とはなっていない傾向があります。

それはこの42042/423Jの現在水準を見れば一目瞭然ですが、YGブレスレットのラグスポであるにも関わらず、202万円で購入可能なのです。

ましてこれ、オーバーシーズとしては最も人気といえる組み合わせである「ラージ+自動巻」という内容。

第一世代のオーバーシーズにおいて最も人気な組み合わせを含んでも、この価格で買えてしまうわけです。

さらに、今現在といえば「K18腕時計が目立った上昇」という現象があります。

何度もお伝えしていますが、特にブレスレットのK18モデルが軒並み大幅上昇という様子があるわけです。

その一方で、このオーバーシーズ42042/423Jは、ちょうど20年前の新品実勢価格と比べても22万円の上昇に過ぎません。

ですから、様々な観点から、今ものすごく穴場的なK18腕時計だといえるかと思うのです。

ヴァシュロンコンスタンタン オーバーシーズ メンズ腕時計 42042/423J-8726 アイボリー メンズ

ヴァシュロンコンスタンタンオーバーシーズ42042/423Jの価格比較

時計名 状態 2001年1月の新品実勢価格 期間 2021年1月の安値 変動した額 残存価額
ヴァシュロンコンスタンタン
オーバーシーズ
42042/423J
新品 ¥1,799,700 20年 ¥2,020,000 220,300 112.24%
穴場的なK18腕時計、オーバーシーズ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -