腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

レアなコンビXLは上昇傾向、サントスガルベW20099C4

カルティエのメンズサイズといえば「LM」ですが、このサントスガルベは「XL」。つまり、従来のメンズサイズであるLMよりも大きなモデルであるのです。

登場したのは、2005年ですが、当時といえばパネライブームをきっかけに、高級腕時計が全体的に大きくなっていた時代です。

またこの時期サントスには、「サントス100」という新シリーズが投入。サントス100には、かなり大型なケースが採用されていたわけですが、従来から存在する、こちらの「サントスガルべ」にも大きなモデルを追加していたわけです。

とはいっても、このサントスガルベ、XLといえどもそのケースサイズは約35mmといったところ。サントスガルベ自体が“横幅”が小さな傾向があるため、XLでも35mmといったサイズ感に収まっているのです。

そんなサントスガルベのXLですが、この2年、3年ぐらいの間において、以前よりも注目されるといった様子があるように感じられます。

実際、ステンレスのW20098D6は2017年まで30万円台前半という水準でしたが、2018年10月からは40万円台に到達。その値下がりしたものの、2018年以降は「だいたい40万円台」といった傾向があるわけです。

そして、今回お伝えするのは、そのコンビモデルであるW20099C4なのですが、この時計、しばらく中古売出し数が「ゼロ」という状態になっていました。

また、稀に出たものの、「出たらすぐに売り切れる」といった傾向があったわけです。実際、筆者は以前、腕時計投資.comのメール便機能でこのW20099C4の出現を受け取ったと思ったら、すぐに売切れていた様子を目にしています。

そんなW20099C4ですが、ごく最近状況が変化している様子があります。

というのも、このW20099C4の中古が最近複数本出たということなのですが、そういったことにより、「出たらすぐに売切れ」というわけではなく、今でも購入可能な状態となっています。

ただ、他の個体はすでに売切れてしまったようで、現在出ているのはこの個体のみといったところ。

そして、こういった人気さとレア感により、現在水準は以前よりもだいぶ値上がりしている状態。

W20099C4は2020年2月の段階で約40万円でしたが、今では約59万円にまで上昇しているのです。

カルティエサントスガルベW20099C4の価格比較

時計名 状態 2020年2月の安値 期間 2021年2月の安値 変動した額 残存価額
カルティエ
サントスガルベ
W20099C4
中古 ¥404,800 1年 ¥591,800 187,000 146.20%
レアなコンビXLは上昇傾向、サントス…の次ページを見る>>
1 2
- PR -