腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

72万円もの値上がり、サントスガルベW20067D6

お知らせ

斉藤由貴生の新刊好評発売中。どちらも、楽しいお金の使い道=高級腕時計との付き合い方を解説しています。ぜひお買い求めください。

サントスガルベ W20067D6

サントスガルベの男性用といえば、LMサイズであるわけですが、その相場はこれまでおおよそ25万円前後(自動巻モデル)だったといえます。

そんなLMサイズのサントスガルベでありますが、近頃は数が減り、たまに登場すると40万円以上といった水準が目立つようになりました。

サントスガルベの中で最も上昇したのは、2005年登場のXLサイズ(LMよりも更に大きなサイズとしてデビュー)という印象があり、特にそのコンビモデルは数が少なく、中古個体が出るとすぐに売り切れるといった傾向もあるほど。

そのため、サントスガルベといえば、なんとなく『最も相場が変動するのはXLサイズ』といった印象があるといえますが、実はそうではないみたいです。

というのも、このLMサイズのグレー文字盤が、今ものすごい状況になっているからです。

サントスガルベといえば、基本的に白系の文字盤色となっているのですが、W20067D6にはサンレイのグレー文字盤が与えられています。

これは、ピアジェのスレートグレー文字盤に似ている色合いでありますが、登場したのは2002年。やはり、ピアジェアップストリームやポロと同世代でした。

そんなW20067D6でありますが、これまでの中古相場は“高いとき”でも30万円程度といった傾向で、通常のLMサイズに対して5万円高ぐらいが相場だったといえます。

しかし今、W20067D6の中古相場は、なんと100万円超えといった状況。

2020年6月水準と比べると、実に72万円もの値上がりとなっているのです。

CARTIER カルティエ 腕時計 サントスガルべLM W20067D6 アジア限定 グレー文字盤 自動巻き SANTOS

カルティエサントスガルベW20067D6の価格比較

時計名 状態 2020年6月の安値 期間 2022年8月の安値 変動した額 残存価額
カルティエ
サントスガルベ
W20067D6
中古 ¥297,999 2年
2ヶ月
¥1,019,400 721,401 342.08%
72万円もの値上がり、サントスガルベ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -