腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
初めての方へ 腕時計を探す 腕時計投資新聞
2016年9月22日更新

カジュアルになったモデル、カルティエ『パシャ シータイマー』

2005年前後に大型パシャの世代交代が行われ、それまで「パシャ38mm」1つだったのが2つのラインアップへと変化。その際出たのが、パシャ42mmシータイマーです。

このシータイマー、全体の雰囲気はパシャ38mmといった感じですが、全体的に近代化させた印象。

例えば、ケースサイズは当時の大型化にともなって40mmに拡大。また、フラット感のあるブレスレットやバックルの形状が90年代モデルにはない新しさを感じさせてくれています。

そして、パシャ38mmからシーダイバーへの最も大きな変化はカジュアル化

パシャ38mmは100万円近い定価が示しているように実はかなりの高級モデル。

ギョーシェ彫りの文字盤や裏スケ仕様など高級モデルを演出するのにふさわしい要素が整っています。

それに対してシーダイバーは裏スケでもなければギョーシェでもありません。

もしも定価が同じだったら単なるコストダウンと批判されそうですが、上記の通りカジュアル化なので、当然定価も50万円台へと低下。

とはいえデビュー当初の実売価格は、新作ということでパシャ38mmより高いといった印象。

そして、デビューしてから5年後ぐらいまではそれを引きずっていたと思います。

カルティエパシャシータイマーW31080M7の相場比較

時計名 状態 2009年7月の安値(ヤフオク) 所有期間 2016年9月の安値(楽天) 値上がりした額 利回り
カルティエ
パシャ
シータイマー
W31080M7
中古 ¥298,000 7年 ¥258,000 ¥-40,000 -1.92%
カジュアルになったモデル、カルティエ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -