腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

意外に高かったが最近は、カルティエ『ヴァンテアンクロノスカフ』

2000年にカルティエから登場したカジュアルモデル、ヴァンテアンクロノスカフ

同時にデビューしたオートスカフは3針の自動巻であるのに対して、このクロノスカフはクオーツムーブメントのクロノグラフです。

3針は自動巻、クロノグラフはクオーツというラインナップは、カルティエピアジェなどがよく用いる手法で、デビューしてから時間がたった後、どちらかが一方が高くなるという傾向があります。

例えば、ピアジェアップストリームは自動巻3針のほうが高い傾向ですが、ヴァンテアンの場合、クロノグラフのほうが高い傾向です。

ピアジェの場合、自動巻を選択すると、上級機種と同じ504Pという自社製ムーブメントが搭載されるため、高値となるのでしょう。

一方このヴァンテアンの場合、クロノグラフが高い傾向というのは新品時の実勢価格に影響を受けているのかもしれません。

ピアジェの場合、クオーツクログラフムーブメントも自社製なため、自動巻とクオーツ、どちらの新品実勢価格も似たようなものでしたが、ヴァンテアンの場合クロノグラフが高かったのです。

このヴァンテアンの“スカフ”シリーズは、98年に登場したブルガリアルミニウムに対抗して“最もカジュアルなカルティエとしてデビューしたモデル。

価格はカルティエの中で下位レンジに位置しているものの、休日用のセカンド腕時計というイメージにより、プレミアム感を感じるカジュアルというのはアルミニウムと同様でした。

そして、当時のカルティエの中古によくみられたように、ブルガリと比較して高めという傾向だったのです。

それはリーマンショック後の2008年11月でも同様で、18万9000円という価格がこの時計にとって当たり前だったのです。

カルティエ ヴァンテアン クロノスカフ W10125U2¥128,000〜¥128,000(2019年8月16日現在)

カルティエヴァンテアンクロノスカフW10125U2の価格比較

時計名 状態 2008年11月の安値(ヤフオク) 期間 2017年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
カルティエ
ヴァンテアン
クロノスカフ
W10125U2
中古 ¥189,000 8年 ¥89,800 -99,200 47.51%
意外に高かったが最近は、カルティエ『…の次ページを見る>>
1 2
- PR -