腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
初めての方へ 腕時計を探す 腕時計投資新聞

新品価格より17年後の中古価格が高い、ロレックス『エアキング』14000

2016年のバーゼルにおいて116900が登場するまで、エアキングといえばロレックスの中でもっとも安く買える存在。

特に5桁リファレンスの頃は新品でも20万円台前半で購入できるという手軽なロレックスでした。

ロレックスブームが起こったのは90年代後半ですが、その頃現行モデルだった5桁リファレンスのモデル以降が“近代的なモデル”という印象であり、4桁モデルに対しては“アンティーク”という印象があります。

ただし“アンティーク”と呼ばれてありがたがられるのはスポーツモデルに限られ、4桁リファレンスのエアキングは今も昔も非主流モデルという印象が強い時計です。

そのため、ロレックスが高い時期でも安い時期でも4桁リファレンスの古いエアキングやオイスターパーペチュアルは10万円台という水準であり、売られている店も限られたりします。

ですから、主流モデルという意味では長きに渡り、最も安い位置に存在したのがこのエアキング14000なのです。

例えば、腕時計に詳しくない人から「中古で安いロレックスっていくら?」と質問を受けた場合、このエアキング14000の価格を答えとして用意するというのが自然でしょう。

そして、その質問に対する現在の回答は、約28万円という水準になります。

ロレックスエアキング青文字盤14000の相場比較

時計名 状態 2000年夏頃の新品実勢価格(2社平均) 所有期間 2017年4月の安値(楽天) 値上がりした額 利回り
ロレックス
エアキング
青文字盤
14000
中古 ¥245,175 17年 ¥280,692 ¥35,517 0.85%
新品価格より17年後の中古価格が高い…の次ページを見る>>
1 2
- PR -