腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
初めての方へ 腕時計を探す 腕時計投資新聞

ここ1年で8万円以上も値上がり、GMTマスター16700赤青ベゼル

かつてはスポーツロレックスの中で最も不人気かつ安値という存在だったGMTマスターですが、2007年にステンレスが6桁リファレンスにモデルチェンジした際より高値となりました。

そして、今の相場においてこのGMTマスターは5桁リファレンスステンレスモデルの中で、デイトナを除くと最も高い価格帯に位置しているのです。

また、ヨットマスターロレジウムをステンレスモデルだと判断した場合でも、その相場はロレジウムより高く、デイトナ16520の次に高い5桁ステンレススポーツであることに違いはありません。

一方、6桁リファレンス時代となるとGMTマスター2はサブマリーナより安く、116710LNと116610LNの比較では116710LNのほうが安い傾向です。

なお、GMTマスターには『GMTマスター』と『GMTマスター2』がありますが、『GMTマスター』は5桁時代の99年に生産終了。それ以降は『GMTマスター2』のみの販売となっています。

『GMTマスター』は1950年代に出た6542が初代モデルで、その青赤ベゼルとともにキャラクターがはっきりした歴史あるモデル。

しかし、その歴史あるモデルの最終型である16700が特にGMTマスターシリーズの中で高値となっていないのは、『GMTマスター』と『GMTマスター2』の見た目が殆ど変わらず、両者は“同じ”存在として扱われているからでしょう。

そのため、この現在の中古相場では16700(GMTマスター)、16710(GMTマスター2)もほぼ同じ水準です。

ロレックスGMTマスター青赤ベゼル(N番)16700の相場比較

時計名 状態 2016年3月の安値(楽天) 所有期間 2017年5月の安値(楽天) 値上がりした額 利回り
ロレックス
GMTマスター
青赤ベゼル
(N番)
16700
中古 ¥615,000 1年 ¥699,840 ¥84,840 13.80%
ここ1年で8万円以上も値上がり、GM…の次ページを見る>>
1 2
- PR -