腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2018年7月12日更新

復刻初代青文字盤、タグホイヤーモナコCW2113

ロレックスデイトナといえば、ポールニューマンという人物が思い浮かびますが、タグホイヤーモナコにおいてのそれは、スティーブマックイーンとなります。

そして、そのスティーブマックイーンが着用していたモナコこそ、青文字盤という存在であり、それはモナコのアイデンティティの1つとも言えるかもしれません。

モナコは、1969年という時代から存在しているものの、一時シリーズが廃止。復活したのは1997年のことなのですが、その際デビューしたCS2110は特殊なモデルという位置づけで、5000本の限定数が設けられていました。

その際登場したモナコは、クラシカルな雰囲気を重視した存在だったのですが、青文字盤の採用はなく、黒文字盤のみの展開

その後モナコはレギュラーモデルとしてラインナップの目立つ位置に展開されていくのですが、青文字盤が登場したのは、97年の復活から6年後の2003年のことなのです。

そしてそれが、このCW2113という存在です。

90年代以降のモナコにおいて青文字盤という存在は多々あるように感じますが、その最初を飾ったのがこのCW2113であるのです。

97年に登場した5000本限定のCS2110モナコは長らく、10万円台という相場だった一方、このCW2113は2010年という腕時計が全体的に安い時期でも20万円台をキープ。

そこから今にかけて値上がりとなっているもの、その上昇額は5万円といった水準です。

タグホイヤーモナコ革ベルトCW2113の価格比較

時計名 状態 2010年12月の安値(ヤフオク) 期間 2018年7月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
タグホイヤー
モナコ
革ベルト
CW2113
中古 ¥238,000 7年 ¥288,000 50,000 121.01%
復刻初代青文字盤、タグホイヤーモナコ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -