腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

約2年で120万円の値動き、ロイヤルオーク15400ST.OO.1220ST.03

ロイヤルオークの3針モデルには無数の種類がありますが、現行モデルにおいてその主要ラインといえるのが15400STという存在だといえるでしょう。

15400STがデビューしたのは2012年のことですが、前モデルの15300STよりもケース系が大きくなり、41mmというサイズとなりました。

初代ロイヤルオークの伝統を継承する15202は「ジャンボ」と呼ばれますが、15400より小さな39mmであるため、ラインナップの全体像が把握しづらいかもしれません。

そして、この15400STには、さらに気をつけなければならない点が存在し、それこそが、文字盤の色によって相場が大きく異なるという点なのです。

15400STにおいて、流通量が比較的多く、相対的に相場が安いのは白文字盤ですが、現在190万円台という水準に位置してます。

白文字盤の15400STは、今年2018年に目立った値動きとなったのですが、2016年の段階では、120万円台という水準に位置していたのです。

しかし、その2016年という時期において、同じ15400STでも、160万円台という価格帯に位置したものが存在します。

それが、ブティック限定の「青文字盤」という存在で、15202エクストラシンや、初代5402のような色合いの青文字盤が採用されている特徴があります。

そして、白文字盤が値上がりした2018年において、このブティック限定青文字盤は、2016年よりずいぶん高くなっている状況となっており、約2年という期間で120万円も上昇しているのです。

オーデマピゲロイヤルオーク15400ST.OO.1220ST.03の価格比較

時計名 状態 2016年11月の安値(ヤフオク) 期間 2018年12月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オーデマピゲ
ロイヤルオーク
15400ST.OO.1220ST.03
中古 ¥1,680,000 2年 ¥2,880,000 1,200,000 171.43%
約2年で120万円の値動き、ロイヤル…の次ページを見る>>
1 2
- PR -