腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

さすがP番、デイトナ16520P番の様子

16520といえば「高い」という印象がありますが、「高い」と感じるのは同じでも、その“高さ”は時期によって異なるといえます。

例えば、90年代後半においては、定価65万円(税別)に対して新品実勢価格が100万円以上という水準だったため、「高い」と感じたことでしょう。また、現在では、2016年頃まで120万円だった中古相場が220万円台となっていることが「高い」と感じるかもしれません。

そして、そんな16520には、同じ16520でも特に高くなる要素が存在し、それら要素を持つものは、通常の16520とは、また違った価格帯に位置しているのです。

その要素には、いくつかの種類があるのですが、古くて評価される傾向と、新しくて評価される傾向の2つがあるといえます。

古くて評価されるのは、200タキメーターや4段文字盤なのですが、これらは古いモデルに存在する傾向があります。

そして、新しくて評価される存在こそ「P番」という存在なのですが、なぜ評価されるかというと最終世代だからです。

ロレックスの最終世代は評価される傾向がありますが、その中でも最も有名なのがこの16520P番だといえます。

P番は、2000年に製造された年式なのですが、2000年といえば116520がデビューした年です。

通常、新作が登場する年には、旧作は生産終了となっていることが多く、新作登場年の製造番号はない場合が多いといえます。

しかし、16520の場合、1165202000年8月に登場したため、同じ2000年に新旧両者が製造されていたのです。これは、GMTマスター216710も同様で、新作登場年が最終品番となっている点が16520と共通しています。

そして、新作登場年の最終品番は、切り替えということもあって、数が少ないため特にレアとなるのです。

ですから、デイトナ16520のP番は、2000年代前半の時代から特に高く評価されている存在として有名で、16520の中でも大きく異なる価格帯に位置しているといえます。

では、そんなP番の16520は、今年どのような水準となっているかというと、なんと400万円台後半に達しており、1年前と比較して180万円以上も上昇しているのです。

ロレックスデイトナ白文字盤P番16520の価格比較

時計名 状態 2018年1月の安値(楽天) 期間 2019年1月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
デイトナ
白文字盤
P番
16520
中古 ¥2,974,320 0年 ¥4,800,000 1,825,680 161.38%
さすがP番、デイトナ16520P番の…の次ページを見る>>
1 2
- PR -