腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

800万円台後半という水準、ノーチラス5980/1A-019

パテックフィリップといえば高い技術力を誇るマニュファクチュールという印象がありますが、クロノグラフのムーブメントは、以前はレマニア製を使っていたということがあります。

それは、同じくマニュファクチュールのロレックスも同様で、16520の時代までエルプリメロベースだったというのは有名です。

ロレックスは、2000年からクロノグラフを自社製としましたが、パテックフィリップも2006年から自社製クロノグラフを展開しています。

かつてのクロノグラフモデルは、金無垢ケースに革ベルトという存在でしたが、初の自社製クロノグラフは、それまでコンプリケーションモデル自体が無かったノーチラス、それもステンレスに搭載したのです。

このクロノグラフが登場したのは2006年のことですが、前年2005年にノーチラスとして初のコンプリケーションモデルである3712/1Aが登場した翌年に自社製クロノグラフが登場したわけですから、多くの人が驚いたことでしょう。

ただ、そんなノーチラスのクロノグラフは、その機構から上級モデルとして、相対的に高い価格帯に位置。そのため、これまで目立った値動きをする印象はありませんでした。

ただ、ここ数年は、この5980/1Aはとても目立った値動きとなっており、中でも2010年に登場した黒文字盤の5980/1A-014の値動きが目立っていました。

5980/1A-014は2017年からかなり目立った値動きとなっており、1年で160万円の上昇となって驚いたと思ったら、その4ヶ月後にはさらに180万円の値上がりとなる様子があったのです。

では、現在、-014はどのような水準になっているのか興味深いところですが、-014の売出しはなく、確かめられない状況です。

しかし、青文字盤の5980/1A-001はいずれも900万円台後半となっており、前回記事でお伝えした際の水準を大きく上回るどころか、2018年4月における-014の水準からも100万円以上高くなっているのです。

そして、この白文字盤の5980/1A-019を例としても、2018年7月から約半年という期間で、なんと127万円以上も価格が変化。

この5980/1Aという存在は、以前からかなりな高価格帯ながら、目立った値動きを繰り返しており、同じく高価格帯であるプラチナデイトナよりもさらに凄い変動額となっているのです。

パテックフィリップノーチラス5980/1A-019の価格比較

時計名 状態 2018年7月の安値(楽天) 期間 2019年1月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
ノーチラス
5980/1A-019
中古 ¥7,703,900 0年 ¥8,980,000 1,276,100 116.56%
800万円台後半という水準、ノーチラ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -