腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

YGが目立って上昇となっている、ノーチラス 3800/1J金文字盤

現在、ノーチラスの金無垢モデルにはローズゴールドが採用されていますが、3800時代まではイエローゴールドが採用されていました。

ノーチラスといえば、パテックフィリップロレックス的存在とも感じるため、「豪華なモデル=イエローゴールド」という印象もあるかといえます。

ノーチラスは、雲上スポーツという高級モデルですから、時期によってはSSでも、ロレックスのYGと同水準ということもあります。

そのため、ノーチラスとイエローゴールドという組み合わせは、「とてつもなく高そうだ」という印象となるわけですが、実は2年ほど前までステンレスとの価格差が大きくなかったのです。

2016年2月時点で、この3800/1Jは、約239万円という水準でしたが、当時においてステンレスの3800/1A190万円程度だったため、その価格差は50万円ぐらいだったのです。

ブレスレットを採用する金無垢モデルは、ステンレスとの価格差が特に大きいという傾向があるため、SSとYGの差が50万円にとどまっていたというのは驚きだったといえます。

さらに、2017年にはその差はさらに縮まり、YGはSSの価格差は20万円程度という状態となっていたのです。

リーマンショック後に、この3800/1J130万円台という相場となっていた際、それを見かけた筆者はSSよりYGが狙い目だと思っていましたが、2017年までは自分の感覚が間違っていたと反省していました。

しかし、そんな3800/1Jは、2019年の今、きちんと評価されるようになっている様子があり、その水準はYGモデルにふさわしい水準となっています。

現在、3800/1J390万円という水準で、約3年という期間で150万円ほどの上昇となっているのです。

パテックフィリップノーチラス金文字盤3800/1Jの価格比較

時計名 状態 2016年2月の安値(楽天) 期間 2019年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
ノーチラス
金文字盤
3800/1J
中古 ¥2,398,000 3年 ¥3,900,000 1,502,000 162.64%
YGが目立って上昇となっている、ノー…の次ページを見る>>
1 2
- PR -