腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

超長寿モデルだった、ゴールデンエリプス3738/100G-012

2018年3月頃にカタログ落ちしたゴールデンエリプスの3738シリーズ。

3738は、ゴールデンエリプスの自動巻モデルとして1977年に登場したようですが、1984年には3738/100とへと変化した模様です。

これらデビュー年は、パテックフィリップの公式YouTubeやインスタグラムにアップロードされた資料を参考としていますが、投稿によっては間違いもあるため、必ずしも正しいとは限りません。

ただ、この3738というモデルは80年代前半の時点では既にあったと思われるため、70年代後半デビューは間違いでないと思います。

そうすると、この3738というモデルは、2018年3月頃にカタログ落ちするまで、約41年間に渡って現行モデルだった存在ということになるのです。

96シリーズのように、長いモデルライフの同一型番がパテックフィリップには存在しますが、そういったモノと比較しても、このゴールデンエリプス3738が、最も長寿なモデルといえるかもしれません。(96は約39年だった模様)

そんな3738のラストモデルとなったのが、2005年に登場した世代。

・YGの3738/100J-012
・WGの3738/100G-012
・RGの3738/100R-001

上記の3つが、3738としては最終形態となります。

YGは青文字盤、WGはグレー文字盤、RGはブラウン文字盤となっていますが、YGに関しては2005年以前の3738/100J-001とほぼ同じにも見えるため、特に変わりないようにも感じる方もいるかもしれません。

しかし、2005年においてYGは-001から-012へと変更されており、見た目からも異なる雰囲気を感じ取れる変化となっています。

具体的には、ベゼル部分とクリスタル接合部のツヤっと感が、それ以前のモデルとは異なり、文字盤のバーインデックスの形状もやや違います。

そういった違いなどにより、この2005年世代の3738からは、「21世紀」という近代的な要素を感じるのです。

そのような”差”はYGだと分かりづらいものの、新しい文字盤が採用されたWGなどは、2005年世代という新しさをより分かりやすく感じるために、以前からYGより高い傾向があります。

ここ5年ほどの感覚だと、3738/100J-001などの世代が110万円程度だったならば、2005年世代の3738/100J-012130万円ぐらい。それに対して、WGやRGは140万円前後以上という感じでした。

それが2018年頃から2005年世代のゴールデンエリプスは、やや値上がり傾向となっており、特にRGは高くなった様子を確認することができました。

ただ、この世代のエリプスはあまり売り出されることがないため、YGやWGについてはなかなか見かけることがなく、今の時代においていったいどのような水準になっているのかはわかりませんでした。

しかし今、WGは久々に中古の個体が登場。その水準は150万円台となっており、やはり以前より高くなっている様子です。

パテックフィリップゴールデンエリプス3738/100G-012の価格比較

時計名 状態 2016年春頃の安値(タイムトンネル) 期間 2019年4月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
ゴールデンエリプス
3738/100G-012
中古 ¥1,399,800 2年 ¥1,566,000 166,200 111.87%
超長寿モデルだった、ゴールデンエリプ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -