腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

2ヶ月で90万円以上の値動きだが、ノーチラス5800/1A

2ピース構造で裏スケ、というノーチラスは、1976年のデビューから、これまでの間において、たった2つのモデルしかありません。

その1つは、10年ほど前から「レアノーチラス」として有名な3712/1Aですが、超レアと言われるだけあっていつの時代も相対的に高い水準となっています。

そして、もう一つの2ピース裏スケノーチラスが、この5800/1Aなのですが、こちらも基本的には他の3針ノーチラスと比べて高い水準に位置していました。

ただ、「位置しました」というように、それは既に過去のこと。

最近、5711/1Aがものすごい派手な値動きとなっているのですが、ついに5711の青文字盤が5800を抜かしてしまったのです。

それは、5月時点の記事でお伝えしたのですが、当時の5800/1Aは2018年から大きく相場が変わっていなかったのに対し、5711/1Aは大幅な値上がり状態。

5月において、5800/1A約688万円だったのに対し、5711/1A-010708万円という水準に達していたのです。

さて、それから2ヶ月が経過したわけですが、現在の様子はどうかというと、なんと5800/1Aが派手に値上がりしている状態となっています。

5800/1Aはもともと数が少ない時計ですが、近頃2本もの中古が登場。そのいずれもが700万円台となっているのです。

2019年5月に約688万円だった5800/1Aは、7月現在では782万円という水準。2ヶ月という短期間で、驚くことに約94万円もの上昇となっているのです。

とはいえ、この水準では5711/1A青文字盤の相場を抜けていない様子。現在、5711/1Aの青文字盤は、そのいずれもが800万円以上となっている様子ですが、それに対して5800/1A700万円台後半であるのです。

パテックフィリップノーチラス5800/1Aの価格比較

時計名 状態 2019年5月の安値(ヤフーショッピング) 期間 2019年7月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
ノーチラス
5800/1A
中古 ¥6,880,400 0年 ¥7,825,000 944,600 113.73%
2ヶ月で90万円以上の値動きだが、ノ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -