腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

2017年より高い中古水準、スカイドゥエラー326934青文字盤

ロレックスほどのブランドとなると「複雑機構」という要素は当たり前という印象がありますが、従来オイスター系にはそういったものがありませんでした。

もちろん、そのような時代のロレックスにおいて、価格面では複雑機構に匹敵する上級モデルは存在していました。ただ、そういったものは「複雑機構」といった内部機構的アプローチではなく、「ダイヤ」というような外装面での高級要素となっていたのです。

しかし、2000年代後半になると、そういった従来のイメージを徐々に打破。最初に複雑機構として登場したのは2008年のこと。その際登場したのがヨットマスター2のレガッタクロノグラフです。

そして、2012年、ロレックスはついに年次カレンダーを登場させるわけですあ、そのモデルこそ、このスカイドゥエラーであるわけです。

複雑機構という要素は、2019年現在でもロレックスとしては少数派ですが、その意外性とレア感、また金無垢のみ展開のモデルということと相まって、スカイドゥエラーは最も高級なシリーズという印象になりました。

ただ、そんなスカイドゥエラーには、2017年、ほぼSSモデルともいえる326934が登場。末尾が4のモデルといえば、デイトジャストでもおなじみ、WGxSSコンビモデルですが、この仕様の場合、ベゼルのみがWGとなるため、YGxSSコンビと比較して、SSモデルに近い印象となります。

スカイドゥエラーは、そのキャラクター性から、デイデイトのように、金無垢プラチナのみといった内容でずっと展開されていくと予測する方も多かったでしょう。実際、筆者もそう思った一人なのですが、スカイドゥエラーにYGコンビ等々が登場したときは、「ヨットマスターのような展開になるのか」と驚きました。

また、スカイドゥエラーにはWGモデル326939があるため、326934は、見た目がほぼ同様で安価に購入可能という存在となってしまいます。

ヨットマスターの場合、ほぼSSなモデルとして、1999年にロレジウムを発表しましたが、高級カジュアルといった特別感を演出していました。

しかし、スカイドゥエラーの場合、326934に対する特別な要素はあまり感じることができず、326939との差が分かりづらい傾向があるわけです。

そういった意味では、326934スカイドゥエラーとしては安いものの、326934としての特徴は弱く、非スポーツ系であることも相まって、あまり高くならないということになっても不思議ではありません。

けれども、そんなスカイドゥエラーは、なんと2017年の新品実勢価格より、今の中古水準のほうが高いという傾向。しっかりとした値動きをする存在であるのです。

【中古】 ロレックス メンズ スカイドゥエラー (Ref:326934) ブルー

ロレックススカイドゥエラー青文字盤326934の価格比較

時計名 状態 2017年10月の新品実勢価格 期間 2019年12月の中古安値(ヤフーショッピング) 変動した額 残存価額
ロレックス
スカイドゥエラー
青文字盤
326934
新品 ¥2,300,000 2年 ¥2,488,000 188,000 108.17%
2017年より高い中古水準、スカイド…の次ページを見る>>
1 2
- PR -