腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

A番鬼焼けトリチウム! ルミノールマリーナ PAM00003 のご紹介!

こんにちは!

コミット銀座から金子がオススメ腕時計をご紹介致します!
本日はパネライ/ルミノールマリーナの初期モデルでございます。

パネライ ルミノール マリーナ オールトリチウム
PAM00003 Serial.A(1998年頃製造)
付属品:本体のみ
店頭販売価格 488,400円

パネライ人気モデル、ルミノールマリーナ 44mm ”PAM00003
9時位置にスモールセコンドを配置した手巻き定番モデルになります。

今回ご紹介の商品は
98年にリシュモングループになり一番初めの年式”A番”になります。

PAM00003はA番とB番の途中まで夜光はトリチウムが使われておりました。

数年前はトリチウムの個体で付属品が揃っていると、
100万オーバーで取引されておりましたが、
現在は相場も落ち着いております。

パネライのトリチウムモデルは焼けが強めに入る印象ですが、
この個体の変化具合は超強烈です!

どうでしょう?

アイボリーを通りこしモスグリーン色に変色しております!

ここまで行くと別物のモデルにも見えてきますね。

均等に変化しておりますので、

汚い印象はなく、

ヴィンテージの雰囲気を抜群に醸しだした絶妙ダイヤルとなっております。

PAM00003は1997年(PreA)~2001年まで生産されており、
A番(1998年)の生産本数は1500本になります。

B番は3000本、C番は4000本、D番は3500本でしたので、
A番はやはり希少性が高い年式ですね。

尾錠は両ネジ式の年式に合った純正美錠が付いております。

純正革ベルトの状態も非常に良いです!

白文字盤にモスグリーンの針はインパクトが強く、
見れば見るほど愛着が湧いてくるお顔です!

最後にリストショット!!

さらっとこのようなモデルを着けていたら
カッコイイですね!

私は思わず二度見してしまうでしょう(笑)

ルミノールマリーナ初期モデル”PAM00003
強烈に変化したモスグリーン夜光が魅力的な希少個体です!
付属品こそございませんが、
販売価格は頑張らせていただきました!
オールドパネライをお探しのお客様にオススメです。
是非ご検討宜しくお願い致します!

今回ご紹介したパネライ ルミノールナリーナ “PAM00003″はこちら

●この記事の執筆者
金子剛
コミット銀座 販売部 シニアコンサルタント 業界歴14年 中野・新宿・上野・銀座の勤務経験を基に 腕時計の知識・相場観には定評がある。 ロレックスのマイナーチェンジ等、 細かな仕様違いに面白みを見出しておりマニア気質が高い。

- PR -