腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

1年前から大きな変化なし、サブマリーナ16613青文字盤

「青サブ」として認知され、現行時代、人気なスポーツモデルの1つといわれていたのがこの16613青文字盤。

特に2000年代前半といった時代、人気がないとされていたコンビモデルの中で「唯一人気といえる存在感」といわれていた様子があります。

実際、筆者が当時の記憶を思い出してみても、16613青サブはメジャーな存在感だったと感じます。

しかし、今となっては「青サブ」という言葉はあまり聞かず、その存在感も「緑サブ」のほうに譲ってしまっている印象です。

青サブと緑サブでは、コンビとSSというようにキャラクター自体は違いますが、

  • 赤サブ
  • 青サブ
  • 緑サブ
  • という“三大色サブ”の観点から、やはりライバルだと感じる側面があるわけです。

    さて、そんな16613青文字盤は、近頃どのような相場となっているかというと、約95万円というボトム価格(ABランク以上)なのですが、これは1年前と比較してほぼ変わっていないという水準。2019年1月の段階で、この16613青文字盤は90万円台に到達していましたが、それから1年が経過した今でも大きく変わらないのです。

    ロレックス サブマリーナ デイトコンビモデル 16613(Y) K18YG/SS【中古】

    ロレックスサブマリーナ青文字盤16613の価格比較

    時計名 状態 2019年1月の安値(楽天) 期間 2020年1月の安値(ヤフーショッピング) 変動した額 残存価額
    ロレックス
    サブマリーナ
    青文字盤
    16613
    中古 ¥926,640 1年 ¥953,000 26,360 102.84%
    1年前から大きな変化なし、サブマリー…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -