腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

2019年よりも約29万円下落、デイトナ16519白文字盤

1996年にデイトナ初のホワイトゴールド製モデルとしてデビューした16519

同世代の16518と兄弟的な印象がありますが、両者の共通点として、

  • アラビア数字インデックス
  • タキメーターデザインが新形状
  • 革ベルト
  • という特徴があります。

    ですから、これらモデルは5桁時代において、一味違ったデイトナといった印象があったといえます。

    当時、金無垢デイトナといえば16528の印象が強かったわけですが、16518は単なるそれの革ベルト版ということにとどまらない強いキャラクターを感じたといえます。

    そして、WGとなるとブレスレットモデルは存在しないわけで、16519はまさに第三のデイトナといったキャラクターだったともいえるでしょう。

    今となってはデイトナには多彩な素材がラインナップされていますが、WGのブレスレット版が登場したのは2004年のことであるわけで、エルプリのWGモデルとなると16519系統しかないのです。

    また、16519はデビューしてから4年程度で116519へとモデルチェンジを受けたため、ロレックスとしてはかなり生産年が短い存在でもあります。

    そういったことから、この16519には尖った要素が多々あり、いつ評価されても不思議でなかったといえるわけですが、実は2018年頃まであまり目立った評価となっていなかったのです。

    例えば、2017年7月の水準は158万円ですが、同じ7月において、16520白文字盤は約187万円というボトム価格だったのです。

    2016年頃までの段階では、16520よりも16519のほうが高いといった価格序列だったのですが、2017年当時は逆転されてしまったということになります。

    そんな16519が目立って評価されたのは、2019年2月のことですが、実はそれより少し前から変化の兆しがありました。具体的には2018年秋頃なのですが、当時から16519の水準が肌感覚として高くなっていると感じたのです。ただ、記事でお伝えするには難しい状況だったため、分かりやすい状況となった2019年2月にお伝えすることとなった次第です。

    そして、2019年2月にどのような水準となったかというと、約267万円なのですが、それは2017年水準に対して100万円以上の上昇という様子かつ、16520よりも高い状況となったのです。

    さて、そんな16519ですが、新型コロナによる値下がりが目立っている今、どういった状況になっているのでしょう。

    現在水準は238万円ですが、これは2019年2月水準に対して約29万円の下落という様子です。

    ロレックスデイトナ白文字盤16519の価格比較

    時計名 状態 2019年2月の安値 期間 2020年5月の安値 変動した額 残存価額
    ロレックス
    デイトナ
    白文字盤
    16519
    中古 ¥2,676,920 1年 ¥2,380,000 -296,920 88.91%
    2019年よりも約29万円下落、デイ…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -