腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

760万円台になった、ロイヤルオーク15202ST.OO.0944ST.01

近頃、多くのモデルが目立った上昇となっているロイヤルオーク。値動きが目立つようになったのは、2018年と遅めだったものの、2020年夏頃からかなり派手に値動きするようになり、今年に入ると、それがさらにすごい状況になったといえます。

そういった値動きをした結果、15202STのエクストラシンは、先月の段階で1000万円以上という水準に到達。ノーチラス5711/1A青文字盤との相場差も「数十万円単位」というところまで追い上げているわけです。

では、同じ15202STでも、エクストラシン以前のモデルはどうなっているのでしょう。

今回取り上げるのは、2000年代に現行だった白文字盤の15202ST.OO.0944ST.01でありますが、このモデルは今年2月に約453万円という水準でした。

7月現在の感覚としては、「15202白文字盤が400万円台」ということは「安い」となってしまいますが、2月時点では「結構値上がりした」という印象。実際、この15202ST.OO.0944ST.01は、2017年4月時点では約169万円だったわけで、400万円台という水準でも「かなり高くなった」といえたのです。

しかし、2月時点と7月現在では、ロイヤルオークの水準は、それなりに変わっているわけで、この15202ST.OO.0944ST.01が仮に2月と同じような水準だったならば、もはや15400ST銀文字盤よりも安価ということになってしまいます。

15400ST銀文字盤は、かなり派手な値動きをするロイヤルオークでありますが、15202ST白文字盤は、それよりも高い価格帯というのがこれまでの常識であります。

ですから、15400ST銀文字盤が460万円台となっている今、この15202ST.OO.0944ST.01はさらに高い価格帯となっているはずです。

では、どうなっているのかというと、なんと15202ST.OO.0944ST.01の現在水準は、なんと約762万円となっているのです。

2月時点では約453万円だったわけですから、2月⇒7月の約5ヶ月間での変動額は実に309万円ほどに達するということになります。

オーデマピゲ ロイヤルオーク ジャンボ 15202ST.OO.0944ST.01 中古 メンズ(男性用) 送料無料 腕時計

オーデマピゲロイヤルオーク15202ST.OO.0944ST.01の価格比較

時計名 状態 2021年2月の安値 期間 2021年7月の安値 変動した額 残存価額
オーデマピゲ
ロイヤルオーク
15202ST.OO.0944ST.01
中古 ¥4,539,000 0年 ¥7,629,600 3,090,600 168.09%
760万円台になった、ロイヤルオーク…の次ページを見る>>
1 2
- PR -