腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

白文字盤は200万円超え、ミルガウス116400

お知らせ

斉藤由貴生の新刊好評発売中。どちらも、楽しいお金の使い道=高級腕時計との付き合い方を解説しています。ぜひお買い求めください。

ミルガウス 116400 白文字盤

ここ1年ぐらい目立った値動きをしている印象の6桁世代ミルガウス

2007年のデビュー時には、大人気モデルという存在感でしたが、ここ10年ぐらいの印象は、「人気がないほうのスポーツモデル」といったイメージとなっていました。

そのようなことは、中古相場を見ると分かりやすく、例えば今から5年程前、2017年春頃の相場は、116400白文字盤が50万円程度、黒文字盤が55万円程度116400GV黒文字盤が56万円程度といった感じだったわけです。

ちなみに、デビュー時の新品実勢価格は、116400白文字盤が90万円台、黒文字盤が110万円台116400GVにいたっては180万円程度といった水準だったわけです。

ですから2017年においてこれらミルガウスは、いずれも“デビュー時よりもだいぶ値下がりしていた”わけで、『2007年の新品実勢価格を超えることなど2度とない』と思われていた事だと思います。

しかしながら、そんな2007年デビューのミルガウスは、2021年に目立った上昇をしたことによって、今では116400GV以外、デビュー時の新品実勢価格超えとなっている様子であります。

特に凄いのは、116400の白文字盤です。これは2017年の中古相場を見てわかるように、長らく「最も安価なミルガウスというキャラクターでした。

けれども、白文字盤には、2020年から異変が発生。この世代のミルガウスとしては、ひときわ目立って上昇するようになり、116400(黒)、116400GV(黒)よりも高い状態となったのです。

なお、6桁世代ミルガウスの中で、最も高い存在は何かというとZブルー文字盤です。

Zブルー文字盤は、この世代で唯一、2007年デビューではない存在。6桁世代ミルガウスの中では“別物”といった感覚になるぐらい、他とは中古相場が離れていたわけで、2014年のデビュー以来、それが当たり前といった感覚がありました。

そして、2021年には白文字盤が、Zブルー文字盤よりも高値といった状態に変化。ただ、その後Zブルー文字盤も上昇したことによって、白文字盤はZブルー文字盤に抜かされてしまいます。

とはいえ、白文字盤はZブルー文字盤に肩を並べる価格帯にまで上昇したわけで、かつてでは考えられない価格序列となっているわけです。

そんな116400の白文字盤ですが、今の様子はどうなっているかというと、なんと200万円を超えた様子にまで達しているのです。

ロレックスミルガウス白文字盤116400の価格比較

時計名 状態 2021年11月の安値 期間 2022年2月の安値 変動した額 残存価額
ロレックス
ミルガウス
白文字盤
116400
中古 ¥1,528,000 0年
3ヶ月
¥2,178,000 650,000 142.54%
白文字盤は200万円超え、ミルガウス…の次ページを見る>>
1 2
- PR -