腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
初めての方へ 腕時計を探す 腕時計投資新聞

カジュアルに楽しめる、フランクミュラー『カサブランカ』サハラ2852

325 views

カサブランカはフランクミュラーのステンレスモデルとして最も安い価格に位置しますが、それでも定価は100万円以上という存在です。

デビューしたのは90年代後半のことですが、その頃デビューしたカルティエやブルガリの廉価モデルの場合、ラバー素材を積極的に採用し定価30万円以下のカジュアルモデルとしていましたが、フランクミュラーの場合はそれよりかなり高級です。

一方、三雲ブランドでもステンレスかつブレスレットを装備するモデルがありますが、それは“最も廉価”というポジションではなく、当時の位置づけとしては“変わり種”という印象で、カラトラバのイメージを踏襲したステンレスモデルのようなものは用意されていませんでした。

2002年頃にフランクミュラーが注目された際、トゥールビヨンやミニッツリピーターという複雑機構を自社で作れ、それが天才時計師によるものであるということから、三雲ブランドに近い印象として受け取った人もいるでしょう。

そして、三雲ブランドとは異なり、カサブランカというカジュアルなモデルも用意されていた、というのが多くの時計ファンにささったのです。

カサブランカは、ロレックスのヨットマスターロレジウムとかなり似ているキャラクターです。

ロレジウムはヨットマスターという高級シリーズ初のステンレスモデルとして用意された存在ですが、その高級なイメージを損なわないようにベゼルにプラチナを採用したモデル。

ロレックスの場合、ロレジウムより廉価なモデルが多々存在しますが、フランクミュラーの場合はロレジウムレベルのモデルが最廉価というのが、ブランドの高級感を損なわずに身近というバランスを形成していたのです。

2001年頃におけるカサブランカ2852ブレスレットモデルの新品実勢価格は60万円程度。それに対してロレジウムは80万円程度と完全に価格が一致するわけではありませんが、その頃における60万円クラスのロレックスというとステンレスモデルではロレジウムが最も近い価格となるのです。

しかし、今のカサブランカの相場は2001年当時においてもっとも安いロレックスであったエアキングと同等にまで下落しています。

フランクミュラーカサブランカピンク文字盤サハラブレスレット2852の相場比較

時計名 状態 2009年1月の安値(ヤフオク) 所有期間 2017年5月の安値(楽天) 値上がりした額 利回り
フランクミュラー
カサブランカ
ピンク文字盤
サハラ
ブレスレット
2852
中古 ¥273,502 8年 ¥298,000 ¥24,498 1.12%
カジュアルに楽しめる、フランクミュラ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -