腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2018年2月24日更新

マニアからマスへの転換点、タグホイヤーカレラCV2110

今ではタグホイヤーの中心的存在であるカレラですが、2002年以前は「Classics」というカテゴリに属した特殊なモデルだったということは以前にもお伝えしたとおりです。

カレラは1964年に登場した時計ですが、一時期消滅した後、1996年に限定品の復刻モデルという形で復活します。その後、限定モデルという縛りが解除され、1996年に登場したモデルは2001年頃まで生産されました。

そして、2002年からカレラはよりメジャーな存在感となり、タグホイヤーの中心的存在へと変化していったのです。

現在、カレラの代表的モデルといえばCV2010ですが、このCV2010が登場したのは2004年のこと。

では、2002年において、脱Classicsとして登場したのはどのようなモデルかというと、このCV2110というモデルです。

復刻モデル時代において、カレラ=手巻き、モナコ=自動巻という構成でしたが、2002年に登場したカレラCV2110は自動巻モデルとして登場。

さらに4時半位置にはデイト表示も加わり、マニア向けからマス向けのモデルへと変化。それを象徴するかのように「ホイヤー」ロゴから「タグホイヤー」ロゴになっています。

そしてこれら、

  • 自動巻
  • デイト
  • という要素を加えながらも、復刻時代のカレラのデザインを踏襲しているというのがCV2110の特徴です。

    そんなCV2110ですが、従来の中古相場では復刻時代のCS3110より高いというのが当たり前でした。

    例えば、CS311010万円台前半だった2012年でもCV2110約16万円という水準。

    ただ最近、復刻時代の手巻きモデル(CS3110など)が評価されているため、CV2110はどのように評価されているのか興味深いともいえます。

    タグホイヤーカレラCV2110の価格比較

    時計名 状態 2012年12月の安値(ヤフオク) 期間 2018年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
    タグホイヤー
    カレラ
    CV2110
    中古 ¥165,900 5年 ¥217,800 51,900 131.28%
    マニアからマスへの転換点、タグホイヤ…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -