腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2018年9月6日更新

1964復刻版は30万円台になった、ホイヤーカレラCS3110

1996に登場したタグホイヤーカレラ」の1964年復刻版

レマニア製の手巻きムーブメントが搭載されていたり、ドーム型のプラスティック風防を採用するなど腕時計好きから評価を得そうな内容となっています。

しかし、その内容とは裏腹に近年までその世代のカレラが評価されることはなく、1999年頃から2015年頃までの15年以上に渡り、中古相場が15万円前後という状況が続いていたのです。

同じレマニアの手巻きムーブメントを搭載するオメガスピードマスターも、一時中古が15万円程度となったことがありますが、それはリーマンショック後などの時期であり、2015年頃に至っては20万円台となっています。

ちなみに2015年頃において中古15万円程度で購入可能な腕時計はどのようなモノがあったかというと、オメガのクロノグラフではスピードマスターのオートマチックが選択肢となったかと思います。

スピードマスターのオートマチックは、ETAベースの自動巻ムーブメント。オメガの中では、レマニアベースの手巻きモデルよりも安い相場となっています。

ですから、カレラはその時点において評価されていなかったといえます。

ただ、内容が良くても見た目などの点において難がある場合、不人気モデルとなる場合もあります。

しかし、1964復刻カレラはそれに該当するどころか、かなり格好良い見た目だと感じます。

「格好良い」というのは個人差があるから一概に評価できない、という見方も当然あるでしょうが、1964年カレラは人気のある時計とデザインの方向性がずれていないと判断できますし、奇抜な要素もありません。

そんな1964復刻カレラに変化が生じたのは2016年のこと。

それまで15万円程度かつ何本か売られていたカレラの本数が少なくなり、10万円台後半という水準になったのです。

ちなみに、1964復刻カレラには、5つのモデルがあり、やや細かく世代をカテゴライズすることが可能です。

1996年から2001年頃まで

  • CS3110(銀文字盤、SS)
  • CS3140(銀文字盤、YG)
  • 1996年から1999年頃まで

  • CS3111(黒文字盤、SS)
  • 2000年頃から2001年頃まで

  • CS3112(ピンク文字盤、SS)
  • CS3113(黒文字盤、SS)
  • 1964復刻カレラにおいて、デビューから生産終了まで生産されたのは銀文字盤のみとなっており、YGには銀文字盤しかないということも含め、銀文字盤がメインという印象があります。

    そして、そんな銀文字盤の1964復刻カレラは今どのような水準になっているのかというと、ついに30万円台となっている様子です。

    タグホイヤーカレラCS3110の価格比較

    時計名 状態 2018年3月の安値(楽天) 期間 2018年9月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
    タグホイヤー
    カレラ
    CS3110
    中古 ¥249,800 0年 ¥313,000 63,200 125.30%
    1964復刻版は30万円台になった、…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -