腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

70万円台になった、ロレックスサブマリーナデイト16610

サブマリーナデイトといえば、今の時代は“プレミア価格”ということが珍しくないという印象がありますが、5桁時代においてはそういった印象は強くなかったといえます。

特に2000年代前半まで16610は、スポーツロレックスの中で最もオーソドックスな存在という印象。

当時はロレックスの中でスポーツモデルを選ぼうとした場合、オーソドックスなのはエクスプローラーではなくサブマリーナデイト。何度もお伝えしている通り、エクスプローラーは当時プレミア価格の代名詞的存在だったのです。

ただ、当時のサブマリーナの印象はあまりにもオーソドックス過ぎたため、少しコアな時計ファンからは面白みを感じられないと思われたかもしれません。

当時の16610の新品実勢価格は30万円台後半という水準でしたが、それは限られたショップにおける価格というわけではなく、郊外にあるドンキホーテでも16610の新品が約38万円で売られていました。

16610は、2000年代前半において新品実勢価格は30万円台という水準でしたが、2007年頃には新品が50万円台となっています。

ただ、その後リーマンショックにより中古は安くなり、2010年頃は30万円前後といった水準が中古では目立っていました。

そしてアベノミクス以降、16610は高くなったものの、2016年の段階でも40万円台後半という水準。確かに過去と比べると高くなっているものの、“驚くほど”という印象ではなかったといえます。

大きなインパクトとなったのは2017年で、6月には中古が50万円台後半、12月には60万円台という水準になっています。

ですから、かつての16610のキャラクターからすると、2017年の様子は「かなり変化した」という印象になります。

では、2018年の今、16610はどのような水準になっているかというと、なんと70万円台に達しているのです。

ロレックスサブマリーナ16610の価格比較

時計名 状態 2017年12月の安値(楽天) 期間 2018年9月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
サブマリーナ
16610
中古 ¥645,840 0年 ¥730,000 84,160 113.03%
70万円台になった、ロレックスサブマ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -