腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

2018年はロイヤルオークの値動きが目立つ、14790ST.00.0789ST.08

2017年からノーチラスは特に目立った値動きとなっているため、同じ雲上スポーツであるロイヤルオークも値動きしていると思った方もいるかもしれません。

しかし、ロイヤルオークは2017年において、あまり目立った値動きとはなっていませんでした。

特に、2000年頃において現行モデルだった、ミディアムサイズは2016年頃から値動きしておらず、80万円台程度で購入可能といった様子だったのです。

そんなロイヤルオークですが、2018年になると値動きするモデルが目立つという状況になり、1月に41mm15400STが2016年と比較して約48万円の値上がりとなって以降、他のモデルの値動きも目立っていったといえます。

33mm15000STは、2016年に80万円台だったのが、2018年5月には90万円台となっています。

それが、9月の今となってはミディアムサイズは全体的に100万円以上でないと購入することができなくなっており、更に値上がりした様子といえる状況です。

また、36mm14790STは2017年の段階から110万円台後半という水準に位置しており、33mm15000STより高い水準に位置。

そんな14790STも、2017年から2018年にかけてしっかりと値動きしている様子で、2017年3月より約9万円ほど高くなっているのです。

オーデマピゲロイヤルオーク14790ST.00.0789ST.08の価格比較

時計名 状態 2017年3月の安値(楽天) 期間 2018年9月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オーデマピゲ
ロイヤルオーク
14790ST.00.0789ST.08
中古 ¥1,185,840 1年 ¥1,279,800 93,960 107.92%
2018年はロイヤルオークの値動きが…の次ページを見る>>
1 2
- PR -