腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2018年10月19日更新

絶妙なバランスが美しいが、パシャ42mm W31072M7

腕時計ブームの2000年代において、高級なパシャとして認知されていたパシャ38mmは、2005年にパシャ42mmへとその座を譲ります。

パシャ38mmが回転ベゼル仕様だったのに対し、パシャ42mmは回転ベゼル仕様ではなく、その翌年登場したパシャシータイマーが回転ベゼル仕様だったことから、このパシャ42mmパシャ38mmの後継モデルと認識されないこともあるように感じます。

また、パシャ38mmと比較すると42mmは中古の個体数も少なく、よりマニアックなモデルとなった印象があります。

パシャ42mmは、2000年代中盤という時期に登場したこともあり、当時の「大型化」という流行に沿ってか、前モデルより4mmほど大きくなっています。

ただ、その見た目はパシャ38mmと比較するとかなりシンプルで、大型化されたケースとのバランスを取ったようにも感じます。

大型化されたケースは、それだけで強い特徴となるため、パシャ38mmよりも豪華な要素を盛り込むと、かなり派手な見た目となったことでしょう。

ですから、カルティエは日本の“わびさび”のように、絶妙なバランスをとったといえます。

しかし、その程よいバランスは分かりづらいともいえるため、一見すると“モデルチェンジによるコストダウン”と誤解されても不思議ではありません。

実際、パシャ38mmにあった、

  • ギョーシェ文字盤
  • 裏スケ
  • デイト表示
  • という仕様が省かれているため、そのように思われるのは仕方がない部分もあるでしょう。

    しかし、このパシャ42mmにはジャガールクルトベースのムーブメントが搭載されており、その点からは決してコストダウン的な趣旨で作られたモデルではないということが伝わります。

    パシャ42mmには、3針のシンプルなモデルやクロノグラフなどがラインナップされており、それらはSSやYG、ブレスレットと革ベルトに分かれます。

    その中で最もオーソドックスな存在といえるのが、SSブレスレットの組み合わせなのですが、それに該当するW31072M7というモデルは2017年の段階で30万円台後半という水準でした。

    そして、それから1年少したった今、このパシャ42mmはやや値上がりし、40万円台となっています。

    カルティエパシャ42mmW31072M7の価格比較

    時計名 状態 2017年6月の安値(楽天) 期間 2018年10月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
    カルティエ
    パシャ42mm
    W31072M7
    中古 ¥388,000 1年 ¥432,000 44,000 111.34%
    絶妙なバランスが美しいが、パシャ42…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -