腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

未だ30万円台で購入可能、ピアジェアップストリームGOA26007

2017年から多くの腕時計が値上がりし、以前と比較してずいぶん異なる価格帯となっている存在が多いように感じます。

例えば、2017年7月の段階では、エクスプローラーの14720は30万円台後半で購入可能でしたが、今となっては40万円台となっています。

14270は、他のロレックススポーツモデルと比較して値動きしない傾向があり、あまり優秀とはいえない側面もあります。

しかし、それでも2017年と現在とでは大きく相場が異なる印象となります。

では、ピアジェはどうかというと、2017年から今にかけてエクスプローラーほどの値動きとはなっていない様子です。

かつての記事でも指摘したとおりピアジェは、

  • マニュファクチュール
  • 超高級ブランド
  • という側面があるため、いつ評価されるのかと思っているのですが、なかなか評価されない傾向があるといえます。

    このアップストリームというモデルは、2001年頃に当時の新型ポロとともにデビューした存在で、ピアジェ初となるステンレスモデルとしてデビューしました。

    当時は、ピアジェ唯一のステンレスとして、同じカジュアルスポーツアクアノートオーバーシーズのライバルというような存在感となっていましたが、今となってはそれら雲上スポーツとは比較にならない価格帯に位置しています。

    それでも、このアップストリームは、2017年と比較すると値上がり傾向で、このクロノグラフに限らず、3針モデルも上昇しています。

    特に3針は、現在50万円台となっており、以前の40万円台前半という水準と比較すると10万円ほど高くなっている様子です。

    このような傾向は、これまでのピアジェにはなく、やっと評価される兆しが見えてきたといえるかもしれません。

    けれども、値上がり傾向といっても、このアップストリーム30万円台後半という水準を見ると、まだ評価されていないとも取れます。

    3針が50万円台となった一方で、クロノグラフはなぜ30万円台で入手可能なのかというと、それはクオーツだからです。

    ただ、クオーツといってもピアジェの自社製であり、かつては3針と同価格帯かやや高いぐらいの価格帯だった存在でもあります。

    また、秒針が無いため、クオーツ独特のステップ秒針の動きを日常的に見るということにもならず、時計ファンの普段遣い用としてもなかなか良い存在だと思います。

    よって、このアップストリームのクロノグラフは、

  • マニュファクチュール
  • 雲上スポーツに匹敵する高級モデル
  • クオーツならではの楽さ
  • という内容なのに、30万円台で入手できるため、時計ツウが選ぶ普段遣いの1本として、なかなか良い選択だといえるのではないでしょうか。

    ピアジェアップストリームGOA26007の価格比較

    時計名 状態 2017年6月の安値(楽天) 期間 2019年1月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
    ピアジェ
    アップストリーム
    GOA26007
    中古 ¥338,200 1年 ¥398,000 59,800 117.68%
    未だ30万円台で購入可能、ピアジェア…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -