腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

評価が分かるのは先のこと、プロフェッショナル311.10.39.30.01.00

2017年に、スピードマスター60周年を記念して登場した311.10.39.30.01.00。

初代スピードマスターを復刻したモデルだといえますが、初代の復刻モデルはこれが初めてではありません。

他の復刻モデルとしては、3594.50という存在がありますが、そちらはムーンウォッチをベースとした印象で、文字盤デザインとベゼル形状が異なるといった差。当時の定価や新品実勢価格も、3570.50と大きく変わりませんでした。

それに対して、この311.10.39.30.01.00は、その全てが専用設計といった印象。文字盤デザインが異なるのはもちろんですが、新品の状態であえて経年劣化した雰囲気に味付けされており、ブレスレットの形状も旧世代と同様となっています。

そして、定価も約85万円という水準。これは、現行のムーンウォッチの定価である約60万円と比べて高い印象です。

また、そういった印象は、新品実勢価格となるとさらに顕著。ムーンウォッチの場合、現在複数の時計店で30万円台後半といった価格で新品が入手可能であるのに対し、この復刻モデルは70万円以上といった水準であるのです。

そのようなことから、これまで中古相場でも、この311.10.39.30.01.00は随分高い印象があり、実際、2019年3月の段階でも約69万円という水準だったのです。

これは、2018年9月と比較して6万円の値下がり状態だったのですが、そのような値動きは当時特に違和感がありませんでした。

なぜなら、この311.10.39.30.01.00は、2019年3月の段階でデビューしてから2年が経過したからなのですが、デビューから時間が経過したことによる値下がりは珍しくありません。

最近は、デビュー時の新品相場より、その後の中古相場のほうが高いという現象がありますが、このオメガ311.10.39.30.01.00のようなキャラクターの場合、そういった値動きをするハードルは高いと思われます。

そして、12月現在、この311.10.39.30.01.00はさらに下落している様子。現在の中古ボトム価格は約59万円という水準なのですが、これは3月比較すると10万円という値下がり状態であるのです。

オメガスピードマスタープロフェッショナル311.10.39.30.01.001の価格比較

時計名 状態 2019年3月の安値(楽天) 期間 2019年12月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オメガ
スピードマスター
プロフェッショナル
311.10.39.30.01.001
中古 ¥698,000 0年 ¥598,000 -100,000 85.67%
評価が分かるのは先のこと、プロフェッ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -