腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

280万円台になった、ロイヤルオーク15000ST.OO.0789ST.07

お知らせ

斉藤由貴生は、本を準備中のため、しばらくの間、短い文章でお伝えさせていただきます。

ロイヤルオーク 15000ST.OO.0789ST.07

2020年夏頃からロイヤルオークの値動きが、1段ギアが上がったように活発化しています。

ロイヤルオークは、2018年から「目立った上昇」という様子があったものの、2020年夏前/後とでは、その動き方が大きく違うのです。

2020年夏以降といった時期においては、14790ST15000STといった旧世代も活発に値動きするようになったという傾向があります。

特に、15000STは、33mmという現代基準では小ぶりなサイズということもあり、2020年夏頃までは、「そこまで大きく値動きするわけではない」という印象があったかもしれません。

とはいえ、この15000ST.OO.0789ST.07は、2018年⇒2020年では『約42万円の上昇』という変動を見せています。

しかしながら、それと今現在とを比べると、やはり『2020年夏前/後』という差を感じられるかと思います。

ではどうなっているか。

この15000ST.OO.0789ST.07を前回お伝えしたのは、2021年2月でしたが、その際は、約162万円という水準でした。

それが、2022年1月現在では、約288万円に上昇。

つまり、この11ヶ月間で約125万円ほど値上がりしているのです。

オーデマ ピゲ AUDEMARS PIGUET ロイヤルオーク 15000ST.OO.0789ST.07 中古 時計 男女兼用

オーデマピゲロイヤルオーク15000ST.OO.0789ST.07の価格比較

時計名 状態 2021年2月の安値 期間 2022年1月の安値 変動した額 残存価額
オーデマピゲ
ロイヤルオーク
15000ST.OO.0789ST.07
中古 ¥1,628,000 0年
11ヶ月
¥2,886,600 1,258,600 177.31%
280万円台になった、ロイヤルオーク…の次ページを見る>>
1 2
- PR -