腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

ロレックスヨットマスターロレジウム16622、A番の魅力

1999年にデビューしたヨットマスターロレジウムは、高級モデルであるヨットマスター初のステンレスモデルとしてデビュー当時はプレミア価格になった存在です。

このモデル、ステンレスモデルに相当するのですが、高級モデルであるヨットマスターのイメージを崩すことなく“高級なステンレスモデル”という演出をするために、プラチナベゼルとプラチナを配合した文字盤を採用。

そして、その組み合わせを「ロレジウム」と呼んだのは、ロレックスの天才的なブランディング手法だと思います。

しかし近年、ヨットマスターシリーズはテコ入れされ、なんと「ロレジウム(116622のプラチナダイヤル)」は生産終了となったのです。

しかも金無垢モデルも廃止され、本来金無垢専用であったヨットマスターは、プラチナベゼルモデルも含めてコンビ専用モデルというなんとも半端な位置づけになっているのです。

そして、廃止となったロレジウム(16622)はどのような相場かというと、現在60万円を切っているという状況。

かつて青サブ(16613)よりだいぶ高かったロレジウム(16622)は、今となっては青サブより安いのです。

しかし今回注目するのは、ロレジウム(16622)全体ではなくA番です。

A番は1999年にデビューした時の初期ロットなのですが、「少し安い前期型」としてかつてはP番以降のモデルより若干安く売られた存在。

しかし、近頃ロレジウム(16622)の中で最安値なのはこのA番ではないのです。

ロレックス ヨットマスター 16622¥750,000〜¥1,499,040(2019年4月20日現在)

ロレックスヨットマスターロレジウムA番16622の価格比較

時計名 状態 2010年11月の安値(ヤフオク) 期間 2016年12月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
ヨットマスターロレジウム
A番
16622
中古 ¥468,000 6年 ¥618,000 150,000 132.05%
ロレックスヨットマスターロレジウム1…の次ページを見る>>
1 2
- PR -