腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

高級機だった時代のラジオミール、PAM00141

PAM00141はレギュラーモデルとして最後に登場した、ゼニス製ムーブメント「エリート搭載のラジオミールです。

登場したのは2002年ですが、その年しか生産されず、生産された本数も500本と数が少ないモデルです。

500本しか生産されていないため、「限定モデル」という表記をよく見かけますが、このPAM00141は限定として売られたモデルではありません。

同じく2002年に出たゼニス製「エルプリメロ」搭載のPAM00122も限定ではありませんが、2002年のみの生産。

つまり、この2002年という年を最後にして、ゼニス製ムーブメントのパネライは生産終了となっているのです。(豪華限定モデルは2005年に販売あり)

パネライにおいてゼニス製ムーブメント搭載モデルが売られなくなったのは、ゼニス側が供給をストップしたのか、パネライ側が造るのをやめたのかはわかりません。

ちなみに、ゼニス社は1999年にLVMHグループ入りしているため、パネライの親会社であるリシュモンとはライバル関係にあたります。

いずれにしても2005年頃を境に、パネライがラジオミールをそれまでの高級モデルから、ルミノールと何らかわりのないグレードに変化させたのは確か。

実際、ダイヤモンド仕様のPAM00066などだとフレデリックピゲ製のムーブメントが搭載されていたため、パネライにはゼニス以外の高級ムーブメントを搭載するという選択もあったわけです。

このPAM00141が高級モデルのラジオミールとして最後のモデルになるわけですが、ステンレス製ということもあり、上記のような事前知識がないと2005年以降のラジオミールとの差がわかりづらく「高級モデル」として認識することはできないかもしれません。

しかし、ゼニスエリート搭載という“分かりやすい高級感”がこのモデルにはあるため、いつの時代も高値をキープしているのです。

オフィチーネパネライ ラジオミール 42mm PAM00141¥763,000〜¥763,000(2020年1月18日現在)

オフィチーネパネライラジオミールPAM00141の価格比較

時計名 状態 2009年11月の安値(ヤフオク) 期間 2017年5月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オフィチーネパネライ
ラジオミール
PAM00141
中古 ¥581,000 6年 ¥692,000 111,000 119.10%
高級機だった時代のラジオミール、PA…の次ページを見る>>
1 2
- PR -