腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

終わった時計なのか、ブルガリスポーツクロノCH35S

パシャ38mmクロノと同じく、ロレックスブームだった2000年前後に現行モデルだったこのCH35S

当時の新品実勢価格は40万円を超える水準ロレックスより高いモデルでしたが、それでもロレックスではなくこのスポーツクロノを欲しいという人が多々いるぐらい人気という状況でした。

そんなCH35Sは2000年代半ば頃生産終了となった模様で、最近では中古でも販売されている姿を見かけるということも少なくなってきたモデル。

2000年頃の新品実勢価格40万円に対して、2000年代後半の中古相場は既に20万円台前半という額まで値下がり。

とはいえ、それはリーマンショック後の数値であり、その頃エクスプローラ14270も同じような水準だったため特に安いという印象でもありませんでした。

2000年頃におけるエクスプローラ14270の新品実勢価格はこのCH35Sほぼ同等だったため、2010年頃までCH35Sとエクスプローラは同じ相場だったのです。

しかし、2013年頃からエクスプローラが反発し、22万円程度だった相場が30万円台後半まで上昇。

一方このCH35Sは値上りすること無く、逆に値下がりし、両者は全く比べる対象ではなくなりました。

値下がり状態が続いているということと、ブルガリ自体の人気が無いということなど、複合的な要素により「終わった時計」にも見えるこのCH35S

では、人気が無いのかというとそんなこともなく、10万円台前半だとなかなか素早く売れてしまう時計です。

しかし、すぐに売れる傾向があるのに対し、この時計の相場は依然として値下がり傾向であるのです。

¥78,000〜¥338,000(2019年3月21日時点)

ブルガリスポーツクロノ白文字盤ブレスレットCH35Sの価格比較

時計名 状態 2016年10月の安値(楽天) 期間 2017年5月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ブルガリ
スポーツクロノ
白文字盤
ブレスレット
CH35S
中古 ¥148,000 0年 ¥138,000 -10,000 93.24%
終わった時計なのか、ブルガリスポーツ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -