腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

25万円の選択肢として、カルティエタンクディヴァン自動巻LMサイズ

カルティエは世界で初めてに腕時計を作ったとされるブランドですが、宝飾時計というイメージからか男性用より女性用が強いという傾向があります。

カルティエ自身もそのことを知っていた模様で、2000年代前半には「男性用強化」の方針を打ち出していました。

そして、2002年に「男性用」ということを強調した2つのモデルがデビュー。

それら2モデルはともに「クルマ」に関連づいたイメージが提供されていました。

1つはロードスターであり、男性用のみというラインナップでデビュー。ワンタッチで行えるベルトの脱着機能を特徴としており、ブレスレットと革ベルトが気分によって付け替え可能という内容です。

もう1つはタンクディヴァンというモデル。ディヴァンは横長ケースという珍しいデザインなのですが、このコンセプトこそドライバーズウォッチ。ハンドルを握った状態で見やすくするために、横長ケースとなっているのです。

ロードスターは、ロレックスのライバルとしてマス向けを狙ったのに対し、タンクディヴァンはパネライラジオミールのようなポジションを狙った印象です。

タンクディヴァンは、他ではあまり見ない“横長ケース”という独特さと、タンクの伝統的なデザインが融合し、とても魅力的なモデル。

2000年代においては一定の人気があり、2007年における新品実勢価格は約45万円という水準でした。

しかし、生産終了となってからはあまり注目されること無く、値下がり傾向の時計です。

2008年頃からは中古が10万円台という額にまで下落。

タンクディヴァンには、LMサイズの他にMMサイズなど多彩なサイズがあることや、LMサイズでも自動巻とクオーツがラインナップされています。そのため、LM自動巻の相場を見つける必要があります。

ただ、タンクディヴァンの場合、LM自動巻が飛び抜けて高いということはありません。他のモデルでは、LM自動巻だけ高いということもあり、例えばサントスガルベなどはXLが特に高い相場となっています。

ではなぜ、タンクディヴァンがLM自動巻でも安めなのかというと、1つは女性用として認識されてしまっていること。もう1つは程度の悪いモノが多いという点です。

このモデル、2本目の時計というようなキャラクターであるため、本来は使用頻度が低くあまり程度が悪くならなさそうなモデル。

なのに程度が悪いモノが多いというのは、意外な現象です。

程度の悪いモノが10万円台である一方、程度の良いモノはそれより高い相場となっています。

ですからこの時計、ブルガリアルミニウムのように、程度によって相場が違うため、よく見る必要があるのです。

カルティエ タンク タンクディヴァン W6300755(現在参考の腕時計がありません)

カルティエタンクディヴァンW6300755の価格比較

時計名 状態 2015年6月の安値(ヤフオク) 期間 2017年8月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
カルティエ
タンクディヴァン
W6300755
中古 ¥257,450 2年 ¥258,000 550 100.21%
25万円の選択肢として、カルティエタ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -