腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

少し高くなったブロードアローの黒文字盤、オメガスピードマスター3551.50

スピードマスター高級なモデルとして2001年頃にデビューしたブロードアロー

当時の定価は58万円(税別)で、白文字盤と黒文字盤が同時にデビューしました。

雑誌の新製品紹介コーナーにおいて白と黒が並んで写真に写っていたのに対し、店頭において黒文字盤はあまり見かけなかった印象です。時計店で見かけるのは白文字盤が主であり、同じ時期にデビューしたムーンフェイズと並べて置かれていた様子はよく目にした光景でした。

ムーンフェイズブロードアローは見た目が似ているため、いまでも区別が付きづらい存在。さらに当時の新品実勢価格はほぼ同一だったため、似たような印象をより際立たせています。

けれども、実はムーンフェイズの定価は49万円(税別)だったためブロードアローよりも安く、本来ブロードアローのほうが高級です。

ブロードアローの白文字盤とムーンフェイズにはブルースチールの『ブロードアロー針』が備わっているのに対し、黒文字盤のブロードアローだとロジウムメッキの銀針となります。

そのためか、黒文字盤は、2000年頃復刻モデルとして流通していた1stレプリカ(3594.50)」と似ている印象であり、最近両者は同じ中古相場となることが多い傾向です。

デイトナ116500LNがデビューした2016年以降は白文字盤が人気ですが、それ以前は黒文字盤のほうが人気という状況。

特にこのブロードアローがデビューした2001年頃はその傾向が激しく、116520デイトナの場合黒文字盤のほうが20万円ぐらい高くても不思議ではありませんでした。

そのような前提があるにもかかわらず、ブロードアローの黒文字盤は、長らく白文字盤より安い相場に位置しているのです。

まして、白文字盤より店頭で見ることが圧倒的に少なかったため、数が少ないというレア要素も含む存在。

2016年12月頃においてブロードアローの白文字盤は30万円程度という水準でしたが、黒文字盤は20万円台前半という相場だったのです。

しかし、それが2017年に入り上昇傾向の模様です。

オメガ スピードマスター ブロードアロー 3551.50(現在参考の腕時計がありません)

オメガスピードマスターブロードアロー3551.50の価格比較

時計名 状態 2016年12月の安値(楽天) 期間 2017年9月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オメガ
スピードマスター
ブロードアロー
3551.50
中古 ¥243,000 0年 ¥298,000 55,000 122.63%
少し高くなったブロードアローの黒文字…の次ページを見る>>
1 2
- PR -