腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

WGのムーンフェイズ、オメガスピードマスター3689.30

スピードマスタープロフェッショナルのムーンフェイズモデルといえば、腕時計ブームだった2000年頃に登場したブロードアロー針の3575.20というイメージがあります。

とはいえ、ムーンフェイズには3575.20が登場する以前にも幾つかのモデルが存在。

初代ムーンフェイズモデルであるT345.0809はとても高値傾向なモデルですが、比較的有名な存在かもしれません。

そしてもう一つのムーンフェイズも高値なのですが、そのモデルはデビューした当初から「高級」というポジションです。

そのモデルこそ1999年に登場した3689.30

WGケースに竹斑の革ベルトという豪華な内容のこのモデルは、当時ステンレスの新品実勢価格が10万円台だったオメガにおいて、60万円以上という高額なモデルでした。

WGということを除けば、構成自体は後に登場したブロードアロー針のモデルと同じようにも見えますが、このWGモデルは“なんとなく違う”という雰囲気が魅力的なのです。

その要素こそ、

  • ブロードアローではない針
  • 黒ベゼル
  • であり、それが革ベルトとともにフォーマルな印象を演出しているのです。

    2000年頃登場したブロードアロー針のムーンフェイズも近頃高値傾向ですが、それよりこのWGモデルのほうがかなりレア。

    ブロードアロー針に銀ベゼルという3575.20はどちらかと言うとカジュアル感が強い印象ですが、このWGモデルは高級モデルという印象が良いと思います。

    ステンレスのムーンフェイズが値上がりしている現在、さらに高級かつレアなWGモデルはどのぐらいの相場になっているのかというと、なんと120万円台という水準です。

    オメガスピードマスター3689.30の価格比較

    時計名 状態 2009年2月の安値(ヤフオク) 期間 2018年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
    オメガ
    スピードマスター
    3689.30
    中古 ¥374,325 9年 ¥1,231,000 856,675 328.86%
    WGのムーンフェイズ、オメガスピード…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -