腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

以前ほどWGが評価されていない、ロレックスデイデイト18239

ホワイトゴールドのロレックスは、かつてイエローゴールドより評価される傾向がありましたが、最近はYGより安いということもある状況です。

特にデイデイトの2000年デビュー世代ではその傾向が目立ち、同年代のデイトナでもその傾向があります。

また、2007年以降にデビューした6桁世代のWGモデルについても、サブマリーナなど「初のWGモデル」というキャラクター性があるのにもかかわらず、YGと大きな価格差がないケースも存在。

そんなWGモデルですが、5桁リファレンスのデイデイトについては、最近までYGより高い傾向があったように感じます。

しかし、5桁リファレンスのデイデイトも最近はYGとほぼ同様という水準。ちなみに、現在確認できる18238(YG)のボトム価格は約129万円であるため、今現在においてはWGのほうが安いという事態になっています。

そんな5桁リファレンスのWGデイデイト、18239はロレックスが全体的に安かった2011年頃において、当然のようにYGモデルより高く、80万円という水準でした。

その頃18238は60万円台後半で購入可能だったため、WGのほうが10万円以上高かったのです。

かつてはYGより高かったのが、今となってはYGより安い。このような事情があるため、デイデイトの18239はあまり値上がりしない時計という印象にもなってしまいます。

けれども、2011年と比較して40万円以上も高くなっており、実は優秀な値上がり腕時計であるのです。

ロレックスデイデイト銀文字盤バーインデックス18239の価格比較

時計名 状態 2011年6月の安値(ヤフオク) 期間 2018年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
デイデイト
銀文字盤
バーインデックス
18239
中古 ¥800,000 6年 ¥1,239,840 439,840 154.98%
以前ほどWGが評価されていない、ロレ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -