腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

ついに40万円台という水準、ムーンフェイズ 3575.20

2000年頃登場したムーンフェイズは、ブロードアローとともに、当時の「上級なオメガという存在感でした。

ムーンフェイズには、白文字盤と銀文字盤、ブロードアローには白文字盤と黒文字盤が用意されていたものの、ユーザー目線では白文字盤の存在感が強かったわけなのですが、その理由は、当時の流通において白文字盤が圧倒的に多かったからです。

なお、ムーンフェイズの銀文字盤は「ヨーロッパ限定」ということだったので、日本では販売されていないわけなのですが、並行輸入店では普通に見かけ、その価格も白文字盤と変わりませんでした。

ちなみに、2005年の新品実勢価格は25万円前後という水準だったのですが、当時筆者は、友人に腕時計購入の相談をされた際、このムーンフェイズを勧め、友人は銀文字盤を購入しています。

さて、そんなムーンフェイズですが、中古市場では2016年頃から“変化”を感じられるようになりました。

最初に感じた変化は、中古売出し数が少なくなるということだったのですが、それまでブロードアローと特に変わらない入手難易度という印象があったムーンフェイズは、その時期から、中古売出しが数本という状態となり「数が減った」と感じたのです。

そして、2017年以降になると、ムーンフェイズの価格ははっきりと上昇。特に変化を感じたのは、2018年ですが、その際銀文字盤は50万円台という価格帯にまで達しました。

その一方で白文字盤は、なかなか30万円台を脱することがなく、一時期「もう少しで40万円台になりそうだ」と思ったら、結局その後、30万円台中盤、前半と下がっていく様子となったのです。

しかし、2019年2月には回復傾向となり、この白文字盤ムーンフェイズは、再度30万円台後半に上昇。

そして、それから8ヶ月が経過した10月の今、なんとこの3575.20のボトム価格は、40万5000という水準に達し、ついに40万円台という水準となったのです。

オメガスピードマスタームーンフェイズ3575.20の価格比較

時計名 状態 2019年2月の安値(楽天) 期間 2019年10月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オメガ
スピードマスター
ムーンフェイズ
3575.20
中古 ¥398,000 0年 ¥405,000 7,000 101.76%
ついに40万円台という水準、ムーンフ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -