腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2017年2月14日更新

付属品が重要、カルティエ ロードスター

2002年に「男のカルティエとして男性用のみのラインナップで登場したロードスターですが、その後は女性用も展開しコンセプトがブレた後、今では既に生産終了となっています。

最大の特徴は工具を使わずに脱着可能なストラップを有しているという点。

異なる色の革ベルトを付け替えられるというだけでなく、ブレスレットと革ベルトについても気分によってオーナー自ら交換可能なのです。

腕時計としては珍しくブレスレットと革ベルトが両方付くというカルティエロードスターは、何も考えずにブレスレットモデルを購入すれば自動的に革ベルトモデルとしても楽しめるという優れもの。

ブレスレットと革ベルト両方が楽しめるという内容を表現するために、付属ケースも大きな豪華な物が用意されています。

ですから、このロードスターという時計は付属品が揃っているということが、この時計の個性を楽しむ上でも所有満足感を満たすことにおいても非常に重要なのです。

通常、腕時計を買う際に付属品の有無はあまり重要ではありませんが、ロードスターのように付属品にも時計を説明する要素がある場合、その限りではないのです。

そして、最近ロードスターは20万円前後でも売られるようになりましたが、意外にもきちんと付属品が揃っているものが少ない傾向です。

よって、付属品が揃ったものとなると相場は少し高めで、25万円以上という水準です。

カルティエ ロードスター¥231,300〜¥2,035,800(2019年8月21日現在)

カルティエロードスターW62001V3の価格比較

時計名 状態 2014年8月の安値(ヤフオク) 期間 2017年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
カルティエ
ロードスター
W62001V3
中古 ¥321,840 3年 ¥257,040 -64,800 79.87%
付属品が重要、カルティエ ロードスタ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -