腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

実は面白い要素がある、タグホイヤーキリウムWL5110

中古の高級腕時計といっても様々な価格帯が存在しますが、その最低価格はいくらになるのかといえば5万円という額が妥当だと感じます。

実際、10万円台前半でかなり安いという印象があり、人気モデルを買おうと思ったら25万円以上となるでしょう。また、ロレックスの場合、現在50万円以上という相場が多い傾向です。

そのため5万円で買える腕時計というと、あまり注目されることはなく、その存在は見過ごされがちです。

とはいっても5万円で買えるモデルの選択肢もそれほど多いわけではなく、特に注目されるようなモデルも少ないため、見過ごされても仕方ない側面もあります。

では、5万円で買える時計にはどのようなモノが存在するかというと、

  • ブルガリアルミニウム(自動巻)
  • オメガコンステレーション(クオーツ)
  • タグホイヤーキリウム(自動巻、クオーツクロノ)
  • などが存在。

    そしてその中で特に輝いて見えるモデルこそ、タグホイヤーのキリウムです。

    「キリウム」は1997年に「4000」の後継として誕生。

    今のラインナップとは違い、当時のタグホイヤーは防水クオーツモデルが中心で、そのモデル名も「1500」とか「6000」というように数字が中心でした。

    それに対して「キリウム」というモデルは、当時のタグホイヤーとしては約20年ぶりに登場した“数字でないモデル名”の時計。

    また、当時タグホイヤーには金メッキのモデルやコンビ、本物の金無垢モデルなど、積極的にイエローゴールドの色合いが採用されていましたが、キリウムはステンレススチールのみという硬派な内容となっています。

    当時のタグホイヤーとしては珍しく自動巻モデルを積極的にラインナップ。さらにムーブメントはクロノメーター仕様となっており、キリウムに対する腕時計造りの気合を感じられます。

    ですから、販売されていた当時の定価も30万円台という水準であり、新品実勢価格も20万円台というレベル。

    その頃のタグホイヤーは、クオーツ中心という印象があるため、オメガより安いというイメージが強いのですが、このキリウムに関しては、ライバルとなるオメガのシーマスターより高い価格で売られていたのです。

    ちなみに、その頃シーマスターには300mと120mがラインナップされていましたが、両方とも実勢価格は10万円台

    ですが、オメガは今でも中古で10万円以上という価格を保っているのに対し、このキリウムは約5万円という価格で買えてしまうのです。

    タグホイヤーキリウムWL5110の価格比較

    時計名 状態 2012年8月の安値(ヤフオク) 期間 2017年8月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
    タグホイヤー
    キリウム
    WL5110
    中古 ¥58,000 5年 ¥59,400 1,400 102.41%
    実は面白い要素がある、タグホイヤーキ…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -