腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

ファーストレプリカも20万円台後半に、オメガスピードマスター3594.50

2017年はロレックスが高くなったという印象がありますが、オメガについても値上がりしているモデルが存在します。

特にスピードマスタープロフェッショナルの3570.50は、長年に渡り定番モデルとして多くの人に親しまれているため、流通量がかなり多いという事情があるにもかかわらず、値上がり状態。これはとても立派だといえる状況です。

3570.50は現在20万円台後半ですが、30万円に近いといったほうが良いぐらいの価格帯に位置しています。

3570.50は2016年春の段階では22万円程度だったのが、2017年の春頃には既に25万円以上だったため高くなっていた様子です。

ちなみに、3570.50は2000年前後の第一次腕時計ブームの時代、新品が20万円以下で入手可能でした。

ですから現在の中古相場は、その頃の新品実勢価格より10万円程度高くなっているのです。

その2000年前後という時期に、3570.50とほぼ同じ内容でラインナップされていた別モデルが存在します。

それが、ファーストレプリカと呼ばれている復刻モデル。

このモデルはその名の通りプロフェッショナルの初代を復刻したデザイン。

  • ブロードアロー
  • アプライドの旧デザインオメガロゴ
  • 銀色のベゼル
  • 3570.50と大きく違う要素となっています。

    このモデルの2000年前後の新品実勢価格は3570.50とほぼ同様でした。

    しかし、2017年4月頃は3570.50よりも安かったため、お買い得という印象があったのです。

    ファーストレプリカは復刻版であるためレア仕様という要素があります。そのため、3570.50より高くても不思議でない存在なのですが安かったというのは意外です。

    とはいえ、今となってはファーストレプリカもきちんと値上がり状態。

    現在の相場は3570.50とほぼ同水準となっています。

    オメガスピードマスター3594.50の価格比較

    時計名 状態 2017年4月の安値(楽天) 期間 2018年1月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
    オメガ
    スピードマスター
    3594.50
    中古 ¥257,040 0年 ¥297,000 39,960 115.55%
    ファーストレプリカも20万円台後半に…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -