腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

値下がり傾向を脱したといえる状況、ランゲ1 101.021

ランゲ&ゾーネランゲ1といえば、パテックフィリップに匹敵するキャラクター性を持つ時計という印象もあり、そのデザインや品質は高く評価されています。

そんなランゲ1のYGモデルである101.021は、2015年頃まで値上がり傾向で、2010年と比べると100万円以上の値上がりとなっていました。

2010年1月において、この101.021の中古は約149万円という水準でしたが、それが2015年には260万円となっているのです。

当時の260万円というと、パテックフィリップコンプリケーションに匹敵し、ノーチラス5711/1A-010との価格差も35万円程度だったように思います。

ランゲ1という時計の評判からすると、この260万円という水準は当時の他の時計と比較してそこまで不自然な数値ではないと感じます。

しかし、その後101.021は下落傾向となり、多くの時計が値上がり傾向となった2017年でも値下がりが続きました。

4月の時点で216万円だったのが、10月の時点では約205万円。そして2018年2月にはついに200万円を切ってしまったのです。

そのように長らく値下がり傾向だった101.021ですが、ここ最近はどのような様子となっているかというと、値下がり傾向を脱したといえる状況です。

現在の101.021210万円台となっており、200万円台を回復しているのです。

ランゲ&ゾーネランゲ1101.021の価格比較

時計名 状態 2018年2月の安値(楽天) 期間 2018年8月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ランゲ&ゾーネ
ランゲ1
101.021
中古 ¥1,960,000 0年 ¥2,181,600 221,600 111.31%
値下がり傾向を脱したといえる状況、ラ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -