腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

再び200万円以下、ランゲ1 101.021

ランゲ&ゾーネランゲ1といえば、パテックフィリップのライバルという印象で、かつては年次カレンダーなどと同じ価格帯に位置していました。

しかし、2017年頃から値下がり傾向となり、今ではパテックフィリップのライバルという印象はあまりないように感じます。

例えば、インスタグラムを見ていると、パテックフィリップオーデマピゲロレックスの人気モデルを並べているコレクターを見かけますが、そういったコレクションの中にランゲ1の姿は確認できません。

ランゲ1は、2015年頃まできちんと評価されており、リーマンショック後と比べて100万円以上の値上がり状態も珍しくありませんでした。

それが2017年からなぜだか値下がり傾向となり、ランゲ1に限らずダドグラフなども下落していったのです。

2017年といえば、ロレックスやパテックフィリッップが目立って高くなった時期ですから、そういった最中、値下がりするというのは、不思議な値動きだと感じます。

その時代、素材を問わずランゲ1は値下がりしていた傾向がありますが、特にYGに関しては200万円を割ったのです。

ただ、2018年になると約218万円に回復し、200万円以上という水準に戻りました。とはいえ、2015年8月には260万円という水準だったことを考慮すると、その時期でもまだ回復途中という印象だったといえます。

ちなみに、アクアノート5167/1Aも、2018年までは、2014年水準を上回ることがなかったため、アベノミクス以降において2015年頃が最も高かったという文脈はランゲ1だけではありません。

しかし、アクアノートについては、2018年以降目立って上昇。5167/1Aに関しては、今では2014年水準を100万円以上上回っている水準となっているのです。

では、ランゲ1はどうかというと、未だそういった値動きはありません。それどころか、再び200万円以下という水準になっており、2018年8月と比べて25万円程度も値下がりしているのです。

ランゲ&ゾーネランゲ1101.021の価格比較

時計名 状態 2018年8月の安値(楽天) 期間 2019年11月の安値(コミット銀座) 変動した額 残存価額
ランゲ&ゾーネ
ランゲ1
101.021
中古 ¥2,181,600 1年 ¥1,925,000 -256,600 88.24%
再び200万円以下、ランゲ1 101…の次ページを見る>>
1 2
- PR -