腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

フランクミュラーカサブランカ白文字盤5850、最近適正価格になってきているように思える

かつてパネライとともに、ポストロレックスとして一定の評価を得たフランクミュラー

長らくその立ち位置は、最低価格のカサブランカでもヨットマスターロレジウムと同程度というものでした。

ロレジウムというと、現在の中古相場はGMTマスター2より安いという印象ですが、登場したときの定価も実売価格も3針スポーツロレックスの中で最も上という時計です。

そして、フランクミュラーの場合、高級なモデルになると複雑腕時計という存在があり、パテックフィリップ的でもあり、独立時計師というカテゴリでもあるというイメージが存在。

よって、フランクミュラーというブランドのシンプルな3針ステンレスモデルがロレジウムと同価格というのは、非常に分かりやすいポジションだったのです。

しかし実際は「ETAポン」と揶揄されるなど、時計本体の実力がその価格に見合うかどうかは微妙なところでした。

よって筆者は以前からフランクミュラーを“お得な存在”として取り上げることはなかったのですが、ここ1年でフランクミュラーに対する見かたはだいぶ変わったのです。

その大きな理由が、フランクミュラーが値下がりしているという点。

かつて、サブマリーナよりもパネライよりも高かったフランクミュラーカサブランカが今ではそれらより安いとなると、注目せずにはいられないのです。

フランクミュラー カサブランカ¥254,925〜¥2,640,000(2019年12月11日現在)

フランクミュラーカサブランカ白文字盤ブレスレット5850の価格比較

時計名 状態 2015年8月の安値(ヤフオク) 期間 2016年11月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
フランクミュラー
カサブランカ
白文字盤
ブレスレット
5850
中古 ¥398,000 1年 ¥380,000 -18,000 95.48%
フランクミュラーカサブランカ白文字盤…の次ページを見る>>
1 2
- PR -